今の投資法に行きつくまで



結論から言うと、2019年2月現在で私の投資スタンスは、

株式の長期保有による配当金再投資を行った複利運用で、複利の効果を使って雪だるま式に資産を増やしていくというものです

このやり方を大きく変えることは今後おそらくないと思います。

 

ここに行きつくまでは、投資信託にスタートし、FX口座を使って外貨を買って、スワップ金利稼ぎ、株式投資のスイングトレード、などなど行いましたが、結果はいまいちでしたし稼げる気がしていませんでした。

2017年10月にNISA口座を開設し、まずは無難にとファンドマネージャーに運用をお任せする投資信託をいろいろと買っていました。

しかし、2017年は日経平均株価も好調で4%ほど利益が出ていましたが、2018年は米中貿易摩擦をはじめとする下落相場でさんざんでした。

某大人気ファンドの損失だけでなんと10万円超え。他の投資信託もマイナス。

株式のスイングトレードも損切りばかりで勝てる気はしていませんでした。

投資信託は長期投資なので目先のマイナスを気にしてはいけないのですけどね(^^)/

ただ、日々の運用手数料はやはり気になります。

リーマンショック以降、大きな下落もなく上げてきた日経平均株価。

このまま上昇が続けば利益を得れるがその保証はもちろんありません。

 

そこで、2018年クリスマス暴落をきっかけに、投資手法を冒頭に書いた、株式の長期保有による配当金再投資を行った複利運用で、複利の効果を使って雪だるま式に資産を増やしていくという手法に変更しました。

持っていた投資信託・外貨はすべて現金に戻し株式集中投資です。

2年分のNISAは放棄( ノД`)シクシク…

まあNISAで買った分の投信は利益出てないから一緒なんですけどね、、、

始めた時期が悪かったのもありますが利益を出せないと、NISAの意味が全くないですね、、、

 

ちなみに2018年のトータルの損失は30万にのぼります。

まあ早いうちに失敗が経験できてよかったと思いましょう。

FXや株式などの短期トレードは市場でプロがしのぎをけずっている訳で、

特に経験も専門の知識もない私達個人投資家が参戦しても、いいカモにされるだけなのです。

いきなりバッターボックスに立たされもランディ―ジョンソンの160㌔の球を打てるわけがありませんよね。

羽生名人と将棋をさしても、福原愛と卓球で勝負しても、澤穂希とサッカーで勝負しても、ガッキーと演技力で戦っても、マイケルジャクソンと歌唱力で戦っても、その道のプロに勝てるわけがありませんよね。

私達個人投資家が着実に資産を形成していくには、長期投資しかないと考えています。