投資のルール②



前回に引き続き、投資を行う上でのルールを紹介します。

二つ目のルールは、分散投資です。

卵はひとつのカゴに盛るな。

投資をするときにに必ず耳にする言葉ですよね。

1銘柄にすべての資金を投入してしまうと、その企業に万一何かあったらダメージをもろに受けてしまいますよね。

だから数銘柄の分散投資を行いましょう。

これが銘柄の分散です。

 

私の場合は特に何銘柄以上とか決めているわけではなく、気に入った銘柄を少しずつ買っています(^^)/

また、優待の利回りは100株が一番いいんです(^^)/

例えば優待品がクオカードの銘柄は、

100株以上1000円分

300株以上2000円分

1000株以上3000円分

みたいな感じが多いと思いますが、

100株が一番お得じゃないですか?

私はまだ買い始めている段階なので、かなり多くの銘柄を100株ずつ買っていますね。

まあ分散させればさせるほどいいってものでもないですが、優待券がたくさんきたら嬉しいので(^^)/

まあその優待券も再投資ですが(^^)/

もちろんある程度銘柄が増えてきたら、優良な銘柄をさらに選んで200株300株と買い足していきます♪

 

また、もうひとつ忘れてはいけないのが

時間の分散です。

一気に資金を入れてしまうと、かなりリスクが高いです。

これはドルコスト平均法を使って回避します。

ドルコスト平均法とは、毎月一定額を投資していく手法で、高い株価の時は少なく買い、安い株価の時は多く買える手法です。

以上が二つ目のルールです。

次回は三つ目のルールの紹介です。

投資のルール③

関連記事一覧