不動産投資のメリット



資産が纏まった額になってきたら不動産投資、おススメです。

将来に備えて不動産も少しづつ勉強しています。

株式投資と同じです。

不動産もしっかり勉強すれば、そこまでのリスクはないと思っています。

 

今日は不動産投資のメリットについてお話します。

不動産投資の1番の魅力はレバレッジをかけれるということです。

どういう風にレバレッジをきかせるのかというと銀行にお金を借りて不動産を買うのです。

 

例えば1000万円の貯金があって、1000万円の不動産を購入するとします。

当然、1000万円は手元からなくなります。

そしてその1000万円を回収するのにものすごく時間がかかり効率が悪いですよね。

それに万が一に備えたお金も必要です。

 

また、2部屋(棟)目、3部屋(棟)目と買い進めていこうとしても次の資金が貯まるまで買えません。

銀行で借りようにも、キャッシュを全く持っていない人にはお金を貸してくれません。

なので手元にある1000万円を銀行に見せて、その1000万円を手元に置いたまま

融資を受けて物件の購入を行う。

これがレバレッジをかけた不動産投資最大の魅力です。

ただし、フルローンやオーバーローンにするよりは諸費用と物件価格の2割くらいは頭金として入れておいた方がいいと思います。

また、昨今の相次ぐ不動産会社の不正問題で融資は前よりも厳しくなっているそうです。

※年収・貯金額・属性・物件の収益性が認められたら借りれる可能性も高いので諦めることはないです。

とざっくりこれが「効率的に資産形成できるレバレッジのかけ方」です。

 

その他にもメリットはあります。

まずは生命保険代わりになるということです。

団体信用生命保険はローンの返済が始まったあと、万が一ローン契約者本人が死亡、または高度障害となった場合に、生命保険会社が本人に代わって残りのローン金額をまとめて金融機関に支払う仕組みの保険です。

これによって残された家族のローン返済はなくなります。

売却してまとまったお金をもらうのもよし、そのまま家賃収入をもらい続けるのもよしといったところです。

 

もうひとつは年金の代わりになるということです。

ローンの返済を終えるとその物件は完全にあなたのものです。

ローン返済が終わると賃貸収入が入ってこない訳ではないですよね?

ローン完済後は賃貸で貸している限り家賃収入が毎月入ってきます。

まさにセルフ年金ですね(^^)/

しかも収益の計算をしっかりやって、キャッシュフローを出せれば毎月お金をもらいながら、他人が自分の資産をどんどん形成していってくれていることになります。

 

しかし、自分で計算せずに不動産会社の営業の言いなりで買ってはいけません。

必ず相場と物件を見る目は養いましょう。

「保険代わりになりますよー年金代わりになりますよー」と進めてくることもあるでしょうが、クソ物件を掴まされてしまったらなんの意味もありません。

相場より高く買ってしまったり、思っていた家賃で貸せない、空室率が高い、などだと大損です。

 

私も今はSUUMOや楽待、健美家、アットホームなど不動産情報サイトをしっかり確認しながら、休みのたびに物件を見に行って記念すべき投資スタート物件を探しています。