株式投資におけるキャッシュの重要性



こんにちは、七宝です。

今回は株式長期投資でなぜキャッシュを置いておくことが大事なのかを説明します。

 

証券口座に入れている投資用のお金を全力買いしたとします。

その後、株価が一筋縄に上がっていけばいいのですが、もちろん上がるかどうかなんて神様しか分かりません。

全力で買ってしまうと、買ったタイミングが高値だった場合、長い期間含み損に耐えなければなりません。

株式の選定を間違っていなければ、ほとんどの場合元の株価に戻ってくる可能性が高いですが、いつ戻すかも分からないですし、戻すまでの間はずーっと含み損です。

それに気に入った銘柄が、買った時よりももっとお買い得になっているのに、キャッシュを持っていないがために買うこともできません。

全力買いをせずに一定比率をキャッシュで置いていたら、下がった時に買い増す。

もし、さらに下がったら買います。

そうしていたら、株価が上昇気流になった時にものすごい利益が生み出されます。

私の場合は20%から30%はキャッシュとして置いておき、株価下落にも備えております。

配当再投資や給料の投入を行い、特に株価の下落もなくキャッシュ比率が30%を上回るようなら少し買います。

そうすることで株価が上がっても含み益が増えるから嬉しいですし、株価が下がっても次の株がお手頃に買えるから嬉しいです。

株価が上がっても下がっても嬉しい魔法のような状況を作り出すことができます。

そうなると、日頃の株価の変動に一喜一憂することもなく、仕事中に値動きが気になって仕事が手につかないこともないですよね。

もちろんそうしている間にも配当金をもらえ、再投資することによって、インカムゲインはどんどん増えていきます。

このような理由から一定のキャッシュを持っておくことは精神安定剤にもなり、非常に重要だということが分かります。