2050年に大幅に人口が減る都市



今後、不動産価格は二極化していきます。

都心や駅近は現状維持、またはもっともっと価格が上がっていき、

郊外・田舎や駅遠物件に関しては価格がどんどん下がっていきます。

マイフォームもそうですし、投資物件を買うときには資産価値の保てる場所の物件を購入することをおススメします。

週刊現代に出ていた記事ですが、2050年に人口がかなり減っているであろうという18都市が挙げてありました。

以下は都市に対する個人的な一言コメントなので気にしないでください!

 

●北海道函館市ー37%減

言わずとしれたロマンの街函館、北島三郎の名曲『函館の人』・朝一が有名、函館山から望む夜景は日本三大夜景として知られる。

●青森県青森市ー31%減

上野発の夜行列車降りた時から青森駅は雪の中~ 東北新幹線新青森駅開業も新函館北斗延伸に近い将来札幌延伸で単なる通過駅となってしまうのか。

●山形県鶴岡市ー31%減

山形県の中でも日本海側に位置し、東京からだと上越新幹線といなほ乗り継ぎか山形新幹線と陸羽西線乗り継ぎ 交通の便悪し。人口増は絶望的。

●茨城県日立市ー27%減

東京からそこまで遠くなく常磐線のひたち号で一直線。牛久大仏が有名。

●栃木県日光市ー33%減

日光東照宮の日光猿軍団でご存知の日光市。近くには鬼怒川温泉もあります。

●群馬県桐生市ー36%減

高校野球で有名な桐生第一がありますね。私は両毛線で通ったくらいしか行ったことがありません。

●千葉県銚子市ー43%減

ぬれ饅頭が有名。銚子電鉄がレトロで好きです。東京から総武本線しおさい号で乗り換えなしで行けます。千葉県の東端。

●神奈川県横須賀市ー25%減

横須賀線の終点。神奈川県でも人口減なのですね。

●新潟県佐渡市ー41%減

佐渡島。行ったことないです。

●岐阜県飛騨市ー41%減

高山市より北、富山県の南に位置する飛騨市、奥飛騨温泉郷にも近し。

●静岡県熱海市ー43%減

温泉地。伊豆への玄関口。熱海すら廃れていくのは寂しいですね。

●大阪府富田林市ー28%減

大阪の南の方。

●兵庫県尼崎市ー25%減

ダウンタウンの生まれ育った町。治安はよくない。お隣は甲子園球場のある西宮市。

●広島県呉市ー33%減

瀬戸内。ここから四国松山に船で行くことができます。

●山口県下関市ー30%減

ふぐで有名。海の向こうは九州門司。スピード違反の取り締まりが多いです。

●熊本県天草市ー42%減

●宮崎県日南市ー35%減

宮崎空港や駅からもっともっと南。観光列車、海幸山幸号で行ってみては?

●鹿児島県指宿市ー33%減

温泉地。砂に入る温泉が有名だった気がします。スコップで砂に埋められます。

 

私個人的に大好きな地名が並んでしまっています(´;ω;`)

旅行に行きたいところばかりですねー。

でも確かに昔は非常に賑わってたけど今は高齢化が進んでいる地域ってのもなっとくができる気がします。

みなさんも田舎が上の18都市の方多いのではないでしょうか。

将来確実に人口が減っていく都市に今不動産を買うのは非常に危険です。

こういった都市に家を持っている方は早めに都会に出てしまいましょう。

人口が減ると生活インフラも非常に厳しくなります。

スーパーや学校、ごみ収集など駅前に集中させることになるので、ひどい場合は水道なども危ないです。

外れた場所にある物件はさらに資産価値を失っていきます。