頭と尻尾はくれてやれ



投資の名言のひとつに『頭と尻尾はくれてやれ』という言葉があります。

投資というのは安い時に買って高い時に売るというのが基本ですし、みなさんできることならそういった取引をしたいですよね。

そう、できることなら、、、

現実はもちろんそんなに簡単なことはなく、下がっている株価がどこで底を打つのか(尻尾はどこなのか)、上がっている株価がどこが天井なのか(頭はどこなのか)、なんて誰にも分かりません。

その結果、本来安く買って高く売るという基本とは真逆の取引をしてしまうことになるのです。

なので私ははなっから底で買おうとか頭で売ろうとなんか考えていません。

まあ私は売らない投資法なので『尻尾はくれてやれ』というスタンスですね。

そもそも売買によるキャピタルゲインを目的としていないので、買い値はもちろん底で買うのがベストですが、それは誰も分からないので、高値圏ではなく安値圏内であれば、そこのタイミングで買い入れします。

さすがに高値圏では投資効率が悪いので買いません。

もちろん、買った後に下がってしまうなんて日常茶飯事です。

 

最近購入した銘柄では【黒崎播磨】、【日本航空】、【九州旅客鉄道】です。

買った後にどんどん下がっていきましたが、そもそもPERやPBRを確認し割安であると判断し、購入しているので、下がったところで買った値段は割安で購入しているので、いつか上がってくると信じています。

実際に黒崎播磨も一時は10万ほどの含み損をかかえておりましたが、持ち続けた結果、現在ではマイナス2万ほどまで戻ってきました。

それにその期間に配当の権利も取っているので、ほぼプラスマイナスは0になっています。

日本航空と九州旅客鉄道についても日本航空は3万ほどのマイナスまでいきましたが今はマイナス5千円ほどです。

九州旅客鉄道も買った後はマイナスでしたが今はプラス1万3千円くらいの含み益になっています。

 

尻尾で買って頭で売ってやろうとスケベ心を出したところで貴方の思っている通りに株価が動くことはないので、尻尾を狙うなんてことは諦めて、ある程度安値圏で割安な株価だったらそのタイミングで購入したらいいと思います。

株価なんてずっと上がったり下がったりを繰り返し続けいます。

割安な株式を購入したのなら、日々の株価の上下に一喜一憂せずに配当や優待を受け取りながら、次に購入する割安株を探しておきましょう。

上がったり下がったりしていることを無視して、結局長い目で見た時に同じようなレンジで動いていれば、配当と優待分がどんどんプラスになっていっていると考えれるのではないでしょうか。