金融リテラシークイズ―!!



早速始めたいと思いまーす♪♪パチパチパチ♪♪

問1. 家計の行動に関する次の記述のうち、適切でないものはどれでしょうか。

① 家計簿などで、収支を管理する

② 本当に必要か、収入はあるかなどを考えたうえで、支出をするかどうかを判断する

③ 収入のうち、一定額を天引きにするなどの方法により、貯蓄を行う

④ 支払いを遅らせるため、クレジットカードの分割払いを多用する

⑤ わからない

 

問2. 一般に「人生の3大費用」といえば、何を指すでしょうか。

① 一生涯の生活費、子の教育費、医療費

② 子の教育費、住宅購入費、老後の生活費

③ 住宅購入費、医療費、親の介護費

④ わからない

 

問3. 金利が上がっていくときに、資金の運用(預金等)、借入れについて適切な対応はどれでしょうか。

① 運用は固定金利、借入れは固定金利にする

② 運用は固定金利、借入れは変動金利にする

③ 運用は変動金利、借入れは固定金利にする

④ 運用は変動金利、借入れは変動金利にする

⑤ わからない

 

問4. 10万円の借入れがあり、借入金利は複利で年率20%です。返済をしないと、この金利では、何年で残高は倍になるでしょうか。

① 2年未満

② 2年以上5年未満

③ 5年以上10年未満

④ 10年以上

⑤ わからない

 

問5. 金融商品の契約についてトラブルが発生した際に利用する相談窓口や制度として、適切でないものはどれでしょうか。

① 消費生活センター

② 金融ADR制度

③ 格付会社

④ 弁護士

 

みなさん分かりましたか!?

それでは答え合わせをしていきます。

 

問.1

正解回答
④ 支払いを遅らせるため、クレジットカードの分割払いを多用する

クレジットカードの分割払いを利用すると手数料(金利)が発生するため、支払いを遅らせるために分割払いを多用することは適切ではない。

問.2

正解回答
② 子の教育費、住宅購入費、老後の生活費

老後費用、住宅費用、教育費用は、「人生の3大費用」といわれます。

問.3

正解回答
③ 運用は変動金利、借入れは固定金利にする

金利が上がっていくときには、運用収入が増加するため、運用を変動金利にすることが適当。一方、借入れについては、コストの増加を避けるため、固定金利にすることが適当。

問.4

正解回答
② 2年以上5年未満

「72の法則」は、お金が2倍になる年数がすぐにわかる便利な算式(「72÷金利≒お金が2倍になる年数」)。この算式に当てはめて計算すると、「2年以上5年未満」

問.5

正解回答
③ 格付会社

格付会社は、金融商品または企業・政府などの信用状態について評価(等級:信用格付け)を付与する企業であり、金融トラブル時に相談する窓口ではない。

 

さあみなさんは何問正解することができましたか??

私はもちろん100点でした(^^♪

全国平均はなんと52.6点らしいです、、、

日本人は本当に金融リテラシーが低いですね、、、

金融リテラシーが低いと騙されやすくなるので、最低限の金融リテラシーは持っておく必要があります。

またなにか面白いクイズがあれば紹介します♪

関連記事一覧