固定費や浪費を抑える重要さ



これまでの記事でも、固定費や浪費を抑えて少ない金額で生活できるようになったらセミリタイアへの道が近づきますよ、というお話は口を酸っぱく伝えてきました。

当たり前ですが200万円で1年間生活できる人は、年間200万円分の配当が入ってくるようになれば計算上はセミリタイアできることになりますよね。

それが1年間の生活費が400万円かかる人なら、当たり前ですが年間の配当金は400万円必要ということになります。

稼ぐ力を鍛えて入金額を増やすのももちろん大切ですが、セミリタイアに向けて生活コストを抑えることも非常に大切なのです。

例えば大手通信キャリアで月に1万円のお金がかかっていたとすると、格安SIMにするだけで月5000円はマイナスです。

年間で6万円です。

年間6万円を配当金でもらおうとすると、税金を考慮しなかったとしても配当利回り4%計算で150万円分の元手が必要ということになります。

150万円お金を貯めるのと格安SIMに変更するのはどちらが簡単でしょうか。

しかも格安SIMにすることでこれといって不便になることはないですよね。

 

他にも保険や車など、見直せるものは見直すと人生が身軽になり、セミリタイアへの道が見えてくるはずです。

私は毎月勝手に職場で引かれる組合費も払いたくないですが、さすがにそれはまずそうなので諦めました(´;ω;`)

 

給与を増やすよりコストを減らす方が良い理由があります。

もし、月に5000円生活コストが上がったとすると、給与は5000円ではなく6000円~7000円分上げないといけないのです。

給与はざっくり20%~30%くらい税金や社会保険料で天引きされるので、5000円のお金を使うということは6000円~7000円働く給与に匹敵するのです。

こういった面からも生活コストを下げるというのは非常に重要です。

関連記事一覧