タイミングを見計らうのは不可能!!配当金目的の投資で株価下落をビビるな!!



こんにちは。七宝です。

私は常々、配当金いわゆるインカムゲインを目的とした投資法をしているのなら、株価の変動を気にするな!と言っています。

しかしインカムゲインを目的としていてもやはり株価の変動の確認は行います。

インカムゲインが目的でも、やはり持っている銘柄の株価が上がったら嬉しいですし、下がったらショックなのが正直なところです。

日々の株価の上下に一喜一憂してはいけませんが、感情をコントコールできるルールを作っているので、狼狽売りなどをすることはありません。

持っている銘柄の株価が上がれば嬉しいですし、購入するときはもちろん上がると思って買っています。

 

しかし買ったあとの株価がどんどん下落していくことなんて日常茶飯事なのです。

2019年8月の相場なんて散々でした。

私の持っている銘柄たちの含み損もマイナス30万円ほどになっていました。

米中貿易戦争を初め、ニュースも悪材料ばかりで、株式はこれからもっともっと下がっていくような空気感でした。

その時株式を保有している方は一旦手じまいし株価が下がりきってからまた参加しよう。

今から投資を始める人は今はタイミングではない。

もう少し待ってから始めよう、などと考えた人が多いのではないでしょうか。

 

しかし残念なことに株式投資においてタイミングを見計らうのははっきり言って不可能です。

実際、8月相場はこれだけ不安定で先の見えない状況でしたが、9月に入ってどうでしょうか。

ダウ平均、S&P500、日経平均株価、私の確認している指数をどれをとっても急騰し、ダウ平均、S&P500に至っては加工最高値が見えてくるくらいの好調ぶりです。

私の保有している銘柄達は、8月のマイナス30万円から9月11日終了時点でプラス14万7千円と一気にプラ転しました。

いやーそこそこ長い含み損生活からとりあえず脱出です。

もちろんこれは評価額の話で、上がったり下がったりしている間にも定期的に配当金は受け取っています。

まあ配当金目的で投資をしているので、言ってしまうとこの記事自体が余談なのです笑

 

何が言いたいかと言うと、投資を始めるのにタイミングを見計らってはいけないのと、銘柄選定を間違えなければ株式は下がり続けることはないということです。

下がると思ってタイミングを見計らってしまった投資家はどんどん上がり続けていく相場を指をくわえて見ているしかできなくなるのです。

実際ダウ平均、S&P500、日経平均株価も何度も天井だ、もう下がると言われながらも、今までどんどん上がってきました。

なので、本当に下落しても下落相場で買い増しをできるだけの現金を持った上で(全力買いをしない)株式を購入していくのがベストなのです。

投資を始めるタイミングは今なのです。

関連記事一覧