myベーシックインカムを作ろう!!~セミリタイアまでのロードマップ~



こんにちは。七宝です。

今日は私のセミリタイアまでのロードマップ(野望)を語りたいと思います。

私も10年以上サラリーマンをしていますが、定年まで働くしか生きていく道はないとずっと思っていました。

 

しかしいろいろ勉強していくうちに気づきました。

しっかりとした金融リテラシーをもって時間をかけて、資産を育てていけばあと10年くらいで辞めれるということを。

まず、私達日本人は学校でお金の勉強を一切教えてもらっていません。

お金の知識はものすごく重要なのになぜか全く教えてはくれません。

それはなぜか・・・教えない方が都合がいいからです。

たくさん労働して、たくさん税金や社会保険料を納めてくれた方が都合がいいですし、知られたくないこともたくさんあるのです。

所得税率でも所得が高くなるにつれて上がっていきますよね。

5%→10%→20%→23%→33%、、、

おやおや??

キリよく10%ずつ上がってきたのに20%の次は23%!?

なぜかな?笑 この23%の層にはどんな人がいるかな?

そんな感じでお金の世界には知られたら困るようなことがたくさんあるのです。

しかし私達がそんなんせこいわ!!と文句を言ってもなにも変わりません。

賢い人達が作ったルールを知らずに損をするか、それとも賢い人達が作ったルールをうまく使って得をするかです。

なにも勉強していない人はずーっと労働収入を増やすことに全力で、税金や社会保険料を払い続け、ラットレースから脱出することができずに生涯を終えていきます。

 

それに社会は消費脳を刺激するように作られています。

テレビを見ても街を歩いても、どこに行っても消費脳を刺激してきます。

お金を使ってもらわないと経済が回らないので当然のことですね。

しかし私たちが資本家側に回るには、消費脳から投資脳に変えないと資本家側になるにもセミリタイアをするのも不可能です。

消費脳を刺激されて、働いては消費して働いては消費して、給料が上がれば税金と社会保険も上がり、少し可処分所得も上がったと思ったら生活の質も上げてしまい・・・

資産だと思って家や車を買って負債を背負い、お金がないから不安だからと保険に入り・・・こんなことをやっているから一生働かないといけないんですよ。

私は気づきました。

正社員で真面目に働いて上記のような生き方をすると社会に搾取されているのだと。

逆に言えば、しっかりとした金融リテラシーを身に着けて消費脳から投資脳に思考を変えて、出来るだけ若いうちに資産を形成していけば誰もが定年まで働くことなく、経済的自由を手に入れることができると思います。

私は幸いにも妻と二人暮らし、無駄な支出(まずは固定費から)を極限まで減らすと、そこそこの金額を投資に回すことができます。

労働収入が増えたら生活の質を上げるのではなく投資に回していく。

配当金が入ったらそれも再投資に回してさらに資産を膨らまします。

確かに私たちは共働きで子供がいないので少し有利かもしれませんが、そうでなかったとしても無駄な支出を減らして投資に回していけば確実に生活は楽になっていきますし、気持ちに余裕も出てきます。

そしてある程度資産を貯めることができたら不動産投資も絡めていきます。

資産がある人の方が銀行は低利息で融資してくれるからです。

ここまでこれば株式の配当金と家賃収入のキャッシュフローでmyベーシックインカムの出来上がりです。

あとは週数日のアルバイトと気が向いた時にブログを書いておけば十分生きていけると考えています。

 

これが私のセミリタイアまでのロードマップです。
応援よろしくお願いします。

関連記事一覧