投資したお金はなかったものと思え



こんにちは。七宝です。

私はかねてから支出を減らし稼ぐ力を鍛えて余ったお金で投資し、金のなる木を育て続けよう!!

といったことを書いています。

気をつけないといけないのが投資初心者にありがちな、

買ったあとに値下がりすると不安になりすぐに売ってしまったり、

まだ下がると思って次に買い増しができないといったことです。

今まで投資をせずに銀行預金のみで生活していた人は、資産の価格が変動することに慣れていないので資産の価格が変動すると非常に不安になります。

なので、まずは資産の価格の変動に慣れることが重要なのです。

 

まずは少額から初めて資産の価格の変動に慣れていきながら、投資金額を増やしていってください。

少しの下落で不安になり耐えられないようなら、リスクを取りすぎているということなので、現金比率を上げてみるなどの対策が必要です。

人間のリスクの許容度というのは自分で思っているよりも遥かに小さいものです。

初心者ほど買った後上がったからと言って嬉しくなり、お金を突っ込んでリスクを取りすぎ、次は上がった額以上に損をして退場していく…というのはよくある話です。

堅実な投資を行い、少しづつでいいのでお金のなる木を買い続けていくことが本当に重要です。

そして一度買った分に関してはそのお金は元からなかったものと考えて忘れることが大切です。

『5000円下がった~この5000円があれば良いランチ食べてたのに~』

『1万円下がった~この1万円があれば良いディナー食べれてたのに~』

『10万円下がった~この10万円があれば旅行に行けていたのに~』

(まあ私がディナーで1万円使ったとしたら、この1万円で資産を買いたい、と発想が逆になってしまっていますが笑)

こんなことをいちいち考えていては長期投資なんてできません。

そんな1万円ごとき長い目で見たら本当に小さな誤差でしかないのです。

せっかくお金のなる木を買っているのに、恩恵を受ける前に木を売っていしまうなんてもったいなすぎます。

投資したお金のことは忘れて、目先の変動に一喜一憂せず、配当金を受け取りながらコツコツコツコツひたすら買い増しを行っていきましょう。

時間はかかりますが、将来お金のなる木は大きく大きく育ち、あなたにどんどんお金を降らせ続けることでしょう。

今の日本で年収をあげることより投資を始めることの方が確実に大切です。

さあ、まだ投資を始めていないみなさん!!楽しく資産成型をスタートしていきましょう!!

関連記事一覧