お金を稼ぐには4つの方法があります。

こんにちは。七宝です。

お金を稼ぐには4つの方法があります。

金持ち父さん貧乏父さんではキャッシュフロークワドラントという言葉を用いて紹介されています。

キャッシュフロークワドラントの図

E、会社員、勤め人

これは会社に勤めて労働時間を提供し、その対価としてお金をもらうという方法です。

時間と体力分以上稼ぐことはできないですし、どれだけ仕事ができても給与の上限は決まっています。

逆にリストラや倒産などがない限りある程度の給与はもらえるので、安定はしています。

 

S、個人事業主

自分自身で事業を行う方法で、売上-経費=利益 利益が自分の収入になります。

Eと違って事業がうまくいくと利益は青天井です。

しかしもちろん逆もあり売上が半分になったり0になったりすることもあります。

休みについてもEとは異なり、自由に休むこともできます。

 

B、経営者

これは自分で会社を作って従業員を雇ってビジネスを行います。

会社を作ってビジネスを行うのはハードルが高くなりますが、

E・Sにはない権利収入というものが生まれます。

E・Sは稼ぐために自分が働くということになりますが、Bの場合は仕組みを作ることにより、自分の時間や労力を使わずにお金を得ることができます。

自分が働かずに従業員が働いてくれるお金でお金を得ることができてしまうので、事業にレバレッジをかけることができます。

 

I、投資家

こちらもBと同じく権利収入によってお金を得ることができます。

Bとの違いは自ら事業を立ち上げるのではなく、既存の事業にお金を提供してリターンを得ます。

主に株式・不動産・債券などです。

 

上のキャッシュフロークワドラントの図で左と右で大きく違うことが分かると思います。

左側は自分の時間を切り売りしてお金を稼いでいるので、働かないとお金が入ってきません。

逆に右側は仕組み作ったりお金を投資することでお金を稼いでいるので、自分自身は働く必要がありません。

これを「不労所得」と言いますが、この不労所得を生み出してくれるものや仕組みを「資産」と言います。

EとSだけではずーっと働き続けなければならず、ラットレースから抜け出すことはできません。

BとIの資産は自分に自由な時間を与えてくれます。

BとIの収入がEとSの収入を上回ることができればラットレースから抜け出すことができます。

セミリタイアを目指すにあたってやらなければならないことは、EとSよりBとIの収入の比率を増やしていき、図の左側から右側に行くことです。

いきなり会社員を辞めて明日から投資家になるというのはリスクが高すぎるので、まずは給与所得の一部を投資に回していくなど少しづつでいいのです。

まずは給与所得1本の状態から抜け出すことを目標にするといいと思います。


改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)