賃貸VS持ち家の戦いの結論!!

こんにちは。七宝です。

賃貸の方が良いのか、持ち家の方がいいのか。

よく議論される内容ですがはたして本当はどちらがいいのでしょうか。

不動産会社に相談したところで販売の不動産担当は買う方をススメてくるでしょうし、賃貸担当者は賃貸をススメてくるでしょう。

この議題の結論としては、「答えはない」というのが結論になります。

年収、予算、家族構成、地域などによって様々なので一丸に賃貸か持ち家かは決めることはできません。

しかしそれでは話が終了してしまうので、私なりの見解をお話しします。

私の思っている考えを結論から言うと、「安く持ち家を買えるのなら買った方がいい」となります。

ここでの安くとは価格ではなく、価値の話(リセールバリュー)で、買ってすぐに転売した場合にいくらで売れるのか、という話です。

要は購入単価が全てです。

リセールバリューの高い物件を買うことができるのなら、確実に買った方が得です。

 

ローンを払いながら、いつでもローンの残債以上の値段で売却ができる物件に住めるのなら、持ち家でもいつでも引っ越しできますし、ローン返済に苦しめられることもないでしょう。

しかし、買った瞬間転売すると大きく値下がりするような物件だとどうでしょうか。

ローンの残債よりも売却額が低いと差額が用意できなければ売ることもできません。

これでは本当に引っ越しすることもできず、将来ローン返済に苦しめられるかもしれません。

新築戸建て、新築マンションは新築プレミアムがついており、買った瞬間にその物件は中古になり、値段はガクッと下がります。

日本人は新築が好きですし、新築にはモデルルーム作成費、販促費、営業マン人件費、業者の利益などいろんなものが乗っているので、割高になっているのです。

ただ、新築でも売れ残りを狙ったり、販売を急いでいるデベロッパー相手に価格交渉を行ったりと安く買う方法がないわけでもありません。

築10年を超えた中古物件はその後の値下がり率は緩やかです。

どちらにせよ、購入する時は周辺の相場なども確認し、売る時にいくらで売れそうかをしっかり確認した上で、売れる値段よりも安く購入できるのなら持ち家VS賃貸の戦いは持ち家に軍配を上げてもいいでしょう。

 

ここまでは、あくまでも持ち家を不動産投資と考えた場合です。

まずは投資なのか消費なのかをはっきりさせないといけません。

もし、消費として家を買うことを考えているのなら、

リセールバリューが低くても、
資産価値が維持できなくても、
注文住宅でこだわって家を建てても、
子どもが自由に走り回っても大丈夫なようにと田舎で大きな家を建てても、

それは自由です。

家以外でもそうですが、ものを買う時にはそれは浪費なのか投資なのかを分かって買わなければなりません。

しかし消費と投資をはっきりさせずに買う人が多いのが現実です。

消費として家を考えるのなら、どちらが損かどちらが得かではなく、住みたい家に住めばいいのです。

投資として(お金の損得)考えるのなら、

リセールバリューの高い物件を購入できるのなら持ち家、リセールバリューの低い物件を購入するのなら賃貸がいい、

というのが私なりの結論です。