株式投資でインフレに備える~投資アレルギーの方必見~

こんにちは。七宝です。

いまだに日本人は投資アレルギーの人が多いです。

投資という言葉を聞くだけで損をするかも…と思って手を出すことができません。

しかし投資というのはやり方を間違えなければなにも危なくないのです。

投資をするべき大きな理由のひとつにインフレ対策があります。

デフレ経済がどうのこうのと話は耳にしますが、基本的にはインフレは進んでいきます。

みなさんの周りの物も年々値段が上がっていったり、中身が少なくなったりしていってないですか?

これはインフレすることで物価が上がっていっているのです。

要するにお金の価値が目減りしていっているのです。

 

銀行の利息はインフレにすら勝つことはできません。

銀行に預けているお金はどんどん価値が下がっていっているのです。

今100円で買えるものは10年後120円になっているでしょう。

なので、投資が怖いからと全ての資産を現金で持つことは非常にリスクが高いことなのです。

投資で大儲けをしようとしなくていいのです。

そして買ったり売ったりしなくていいのです。

お金の置き場所を銀行やタンスから株式やインデックス投資に移動させるだけ。

優良な銘柄に分散し長期保有をするだけ。

これで十分インフレから資産を守ることができます。

もちろん日々の上下はありますが、大きな目で見ればインフレで円の価値が下がったらその分株価は上がるでしょう。

 

あとは日々の資産の変動に慣れることです。

世界経済に左右されて一時的に株価が暴落することはあるかもしれません。

しかし、時間が経つとまた企業の価値に見合った株価に戻っていきます。

実質価値がどんどん減り続けることが分かっていて現金を持ち続けるか、インフレとともに上がっていく資産に変えておくか。

将来その価値には大きな差が生まれることは明白です。

インフレ対策をしつつ配当金を受け取り続ける。最高ではないですか?

ただお金の置き場を銀行やタンスでなく株式やインデックス投資にしているだけです。

超簡単です。

 

しかし、投資の世界には罠が多いのも事実です。

学資保険、分配型投資信託、個人年金、外貨貯金、外貨建て保険…

これらは情弱者向けの罠です。

私も勉強不足で外貨建て保険の罠には引っかかりました。

30万円の損切りで解約しました。

学資保険も必要ないです。18年もかけたとしても少し増えるだけです。

S&P500に投じていればもっともっと増やすことができます。

こういった罠に引っかかることなく、優良な銘柄への株式投資、S&P500などのインデックス投資を愚直に買い続けていくことが本当に大切です。