オーデリックがMBOで上場廃止へ



こんにちは。七宝です。

2月4日の取引終了後、こんなニュースを目撃しました。

初めてのことでなんのこっちゃ分かりません、、、(笑)

MBOという言葉もTOBという言葉も初めて聞きましたね。

調べてみると、

MBOは「企業の経営陣が既存株主から自社の株式を取得し、オーナー経営者となる行為」

TOBは「株式公開買い付け」のことみたいです。

「経営陣が発行済の株式を相場より高い値段で買い集めて、もっと柔軟な意思決定ができるようにする」ということみたいです。

「優良銘柄なのに割安で放置され続けて、配当金の支払いがもったいなくなった」とまぁそんな考えもあるかもしれないですね。

まぁ私としては、1株3800円ほどで購入した株を、配当金も一度受け取り、6150円で手放せるのならそこまで悪い話ではないのかなと思っています。

ただオーデリックはどんどん買い増ししていこうと思っていた銘柄だったので、長期で見たら持っておいた方が良かったとは思いますが、まぁ仕方ないですね。

 

保有株式がTOBにかかり、その後上場廃止になる場合の対応は3パターンあるみたいですね。

①TOBに応じる

②市場で売る

③放置する

①の場合は手数料無料で今回の場合6150円で買い取ってくれるみたいですが、TOBの公開買付代理人となっている証券口座に保有株式を移管しなくてはならないみたいでなんだかややこしそうです。

今回の公開買付代理人は『SMBC日興証券』、私には縁もゆかりもない証券会社ですね。

私がTOBに応じた場合、移管したりややこしそうなのでこれはやめておきたいところです。

②の場合、普通に市場で売却するみたいです。

TOBが発表された場合、市場価格はTOB価格と同じくらいになるそうです。

なので私は市場で売却しようと考えました。

しかし2月5日の制限値幅は5570円まで。

5日の取引は案の定ストップ高の5570円になっていました。

2月6日に6100円位の指値で売り注文入れておこうと思っています。

それで普通に売却できるのかな??

初めての出来事で分からないことだらけです。

明日以降の株価の動きもどんな動きをするのか楽しみですね(*^^*)

③の方法もあるみたいで、そのまま放置するのもありみたいです。

「株主のみなさんがTOBに応じなかった場合、MBOが失敗に終わる」そういったこともあるみたいです。

しかし今回の場合は6150円と提示されていることから、市場価格より大幅な高値のため、失敗の可能性は低そうです。

放置して上場廃止になった場合、6150円が返ってはきますが、お金が入金されるまで2~3ヶ月かかるそうです。

なので私は②番の対応をしてみたいと思います。

 

今回は珍しい経験ができたおかげでいろいろと勉強になりました。

このオーデリックという銘柄、バリュー株や高配当株を中心とした投資をしている人は多くの方が持っているのではないでしょうか。

割安に放置されている銘柄はこのMBOが起こりやすいみたいですね☻

私のこの先も長いであろう投資人生、何度かはあるかもしれません。

今回オーデリックのおかげで良い経験をさせてもらったことにはとても感謝です☆

 

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。
引き続き応援よろしくお願いします。

SBI証券口座開設はコチラから

Amazonでのお買物はコチラから

ご利用よろしくお願いします。