絶対に売らない訳ではない~日産自動車売却~



こんにちは。七宝です。

私が行っているのは配当金を目的とした長期投資。

基本的には一度保有したら売ることは考えずにずーっと持ち続けます。

なので損切りをするタイミングを考えることも、利益確定のタイミングを考えることもないので非常に楽です。

株式は持っている限りいつまでも配当金を運んできてくれます。

しかし、「一度買ったら絶対に売らない」という訳ではありません。

私達配当金目的の長期投資を行っている人が恐れるもの、それは減配や無配になることです。

株価暴落で一時的に株価が下がることよりも、受け取れる配当金が少なくなることの方が恐ろしいのです。

購入銘柄を選定する時にも必ず連続増配しているか、今後も増配していく余地はあるか、株主還元への姿勢はどうなのか…

といったことは要チェックします。

 

以前までは、それでも売らずに新たな買い増しを中止すれば良いと思って放っておきました。

でも毎月の資産報告で、私の保有銘柄を参考にしたいと思ってnoteをお買い上げ頂いた方に、罠銘柄を入れておくのは失礼だと思い、あからさまに悪くなってしまった銘柄は省いていこうと思いました。

今回売却したのは、日産自動車です。

ここ1年で罠銘柄代表みたいになりましたね。

昨年のゴーンさん事件以降、踏んだり蹴ったりで度重なる減配を発表しています。

もう株主からの信頼は一切なくなっているでしょう。

100株のみ保有で10万円ほどで購入した日産株を5万円ほどで売却しました。

5万円ほどの損切りです。

 

ここでも分散の大切さが分かりますね。

もし去年日産自動車が高配当だからといって、集中投資していたら今は目も当てられない状況になっていたでしょう。

TATERUも去年売却しましたし、これで私のポートフォリオからあからさまな罠銘柄はなくなりました。

ちなみに先月末時点での保有銘柄はこちらの記事で紹介しています。

資産報告(2020年1月)

この記事を書いているのは2月18日ですが、株価はジリジリと下がっていますね。

私の含み益もどんどん少なくなってきました。

このまま下がり続けてくれたら、市場全体の配当利回りが上がってくるので、今まで株高で手が出なかった銘柄なども新たに購入基準に達しますので、購入できる銘柄が増えて楽しみですね。

そう遠くない日に買い場が訪れそうな気がします。

キャッシュポジションをしっかりもって、買い場で買えるように準備しておきます。

 

 

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。
引き続き応援よろしくお願いします。

SBI証券口座開設はコチラから

Amazonでのお買物はコチラから

ご利用よろしくお願いします。