《飛騨高山・白川郷への旅》~レール&レンタカーきっぷ・乗継割引でどれだけ安くなるのか検証



こんにちは。七宝です。

久しぶりにJRきっぷカテゴリーの更新です。旅行記も兼ねています。

旅行に行った時は旅行記もブログで書いていきます。

興味のない人はスルーでお願いします(*^^*)

 

今回検証も兼ねて行ってきたのは、飛騨高山です。

私は関西に住んでいますので、きっぷの値段等は大阪駅から計算させてもらいますね♪

今回使ったのは過去記事でも紹介したレール&レンタカーきっぷです。

レンタカーを使わなくてもお得!?レール&レンタカーきっぷって!?

そして帰りの特急券はこれも過去記事でも紹介した乗継割引にしました。

乗継割引の裏技~特急券の基礎知識~

こちらが使ったきっぷ一覧です。

今回の安くするポイントは、高山まで、1日1往復しか走っていない大阪発着のひだで行くことです。

通常は「新幹線で名古屋まで行き、ひだに乗り換える」のが一般的ですが、大阪からひだに乗ることで安くできます。

●新幹線で行った場合(名古屋経由)⇒10010円(自由席)・4時間

●ひだのみで行った場合⇒7920円(自由席)・4時間25分

25分ほど遅くはなりますが、2000円ほど安くなりますし、乗換もありません。

そして私はレール&レンタカーきっぷなのでさらに乗車券が2割引、特急券が1割引になります。

大阪駅からひだに乗ります。

岐阜までは4両編成自由席は一番後ろの1号車です。

7:58ディーゼルカー独特のゴゴゴゴと響きを上げて大阪駅を発車します。

途中の岐阜では、前に名古屋からのひだ5号を繋ぎます。

岐阜では線路の都合上、発車ホームに直接入ることができないので、一旦バックして留置線に引き上げてから再度入線し、連結します。

新幹線ではないものの特急列車であり、JR東海の特急列車は「ワイドビュー」という特性も付いているので、広い窓で眺めも良好です。

美濃太田を出ると飛騨川に沿って走るため景色が楽しめます。

このひだ25号は昔の急行たかやまの筋を走っているため、停車駅は多めです。

有馬・草津と共に日本三名泉で知られる下呂温泉。

今回はスルーします。

いつか下呂温泉にも寄ってみたいですね。

12:23列車は時刻通りに高山に到着です。

駅前には私の大好きな濃飛バスのターミナルが。

ここから各方面へバスが出ています。

奥飛騨温泉郷や上高地もいいですね。松本や新宿へも繋がっています。

1日目は高山で食べ歩きです。

コチラが古い町並み。高山駅から徒歩圏内です。

肉寿司

五平焼きとみたらし団子

飛騨牛コロッケ

飛騨牛串

最後の締めは高山ラーメン

高山を満喫です。

泊まったホテルはワットホテルさん。

2018年に出来たばかりということもあってめちゃくちゃ綺麗でした♪

お部屋の写真撮り忘れたので、HPから引用です。

お部屋からの景色

朝食はこんな感じ。

2日目はレンタカーで白川郷へ!!

ここでレンタカーを借りるからJRの運賃が安くなるんですねー。

ここの営業所はトヨタレンタリースと一緒になっています。

他の営業所は駅レンタカーとしての建物があるので少し見つけにくいですね。

途中道の駅に寄りながら

白川郷を目指します。

雪道もスタッドレスタイヤで安心安心。

世界遺産白川郷に到着!!

高山といい白川郷といい、中国の方が全然いません。

おそらくコロナ騒ぎがなかったらもっと混んでいたのでしょう。

昼ごはんは白川郷で

私が天ざる、妻は山かけうどん。

世界遺産を満喫したので高山へ戻ります。

帰りは15:38のひだ36号。

一番に並んでお目当ての席取りました♪

途中駅で次世代ひだのHC85系にも遭遇。

岐阜で7分停車の間に飲み物を買って夕食。

私は高山濃飛バスセンターで買ったバス弁。妻はさるぼぼの弁当です。

帰りは乗継割引で特急券を買っていたので京都から新大阪は新幹線移動です。

こうして今回の高山・白川郷への旅が終わりました

乗車券は往復8800円(2割引)

特急券行き2170円(1割引)

特急券帰り1210円(半額)+870円(特定特急料金)=2080円(一駅新幹線乗った方が安いですね。乗継割引おそるべし)

レンタカー3130円(ひとり当たり)

ガソリン代500円(ひとり当たり)

ひとり当たり交通費は15810円で行くことができました。

そこそこ安く行けているのではないでしょうか。

今回の検証旅行記は以上になります。

 

 

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。
引き続き応援よろしくお願いします。

SBI証券口座開設はコチラから

Amazonでのお買物はコチラから

ご利用よろしくお願いします。

関連記事一覧