ポートフォリオ全体で利益をとろう!!



こんにちは。七宝です。

どこの会社の株式を買おうかと選んでいると、当たり前ですがいろんな数字が出てきます。

「配当利回りが高いのは魅力的だけど、財務的には良いとまでは言えないなぁ…」

「成長性もあるし財務優良だけど、配当利回り不足だなぁ」

など…なかなか完璧な会社はありません。

株価も業種も様々です。

どの会社にしようか非常に迷うと思います。

そこでひとつ大切な考え方が、

「個別銘柄1つ1つに賭けるのではなく、ポートフォリオ全体で利益をとっていく。」

結局「分散投資をしましょう。」という話になってしまうのですが、ポートフォリオ全体で見るというのはとても大切なことです。

私もポートフォリオは現在の時点で42銘柄を保有していますが、まだまだ銘柄数を増やしてポートフォリオ全体の安定感を増していくつもりです。

しかし多くの銘柄をポートフォリオに入れていますが、1つ1つしっかり選んだ銘柄です。

適当にたくさんの銘柄を買えばいい訳でもないのでお気を付けください。

高配当だけど景気敏感株、配当利回りはあまり高くないけど不景気に強い会社。

そんなこんないろんな銘柄を入れつつ、ポートフォリオ全体で3%強の配当利回りを期待できるようにしています。

一銘柄で3%強にしても結果は同じだと思うかもしれませんが、もしその会社が減配を発表したり、株価が下落したりした時のダメージが非常に大きくなってしまいます。

複数の銘柄を入れておくことで、一つの会社が減配しても他の会社が現状維持、あるいは増配している会社もあったりと、結局ポートフォリオ全体では3%強の利回りになっている可能性が高くなります。





銘柄だけではなく業種の分散も必要不可欠です。

業種の分散をしておくことで、業種毎に違う値動きをするのでバランスをとることができます。

4月3日終了時点での私の業種比率はこんな感じで分散の効いたポートフォリオになっています。

私はポートフォリオ全体で3%強の配当利回りを基本として運用しています。

3%強という利回りは高配当株投資というには利回り不足ですが、私はポートフォリオに債券を組み入れず、株式100%で運用しているため(一部現金を置いておく)、株式の中身を高リスク高リターンな銘柄にはぜず、お堅い銘柄にすることでリスクをコントロールしています。

私が債券を組み込まず株式100%で運用している理由についてはこちらの記事で紹介しています。

分散投資で債券をポートフォリオに入れるべき?

債券入れない代わりに株式の銘柄の中身とキャッシュポジションを置いておくことでバランスを取っています。

このように投資はポートフォリオ全体でどれだけバランスをとって安定した運用を行うのかが大切になってきます。

1つの銘柄、1つの業種の成績が悪くても他の複数銘柄、複数業種で支え、全体では平均的な利益をとっていくことができる。

こういった運用を私は推奨しています。

参考にして頂けると嬉しいです。

ちなみに私の保有銘柄はコチラのnoteで公開しています。

一度購入して頂けると毎月更新しますので、私のポートフォリオをいつまでも見れるようになります。

 

※こちらの記事は特定銘柄の購入を推奨しているものではありません。

あくまでも投資判断はご自身の責任でお願いします。

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。
引き続き応援よろしくお願いします。

SBI証券口座開設はコチラから

Amazonでのお買物はコチラから

ご利用よろしくお願いします。

関連記事一覧