資産が増えるとNISA枠が足りない・・・NISA口座と特定口座の使い分けについて



こんにちは。七宝です。

みなさんはNISAという制度をご存知だろうか。

少額投資非課税制度とも言われ、「少額で運用する分には、値上がり益や配当金は原則5年間非課税にしますよ。」

こういった制度です。

●NISAは年間120万円まで5年間非課税

●積立NISAは年間40万円まで20年間非課税

こうなっています。

投資をスタートする時に絶対に使っておくべき制度ですね。

私もNISA口座を開設し、毎年120万円分はNISA口座で株式を購入しています。

しかし私の場合、年間120万円以上の株式を購入するため、全てをNISA口座で購入することができません。

NISA口座を開設すると証券口座のページで今年のNISA枠があとどれだけ残っているのか表示してくれます。

これを超える分に関しては、課税口座(特定口座で)購入することになります。

購入時にNISA口座で買い付けるか特定口座で買い付けるか選べるのでNISA枠が残っていても特定口座で買い付けることももちろん可能です。

私は年間で200万円~300万円の株式を購入するので、NISA枠で買い付けるか特定口座で買い付けるかもポイントになってきます。

そこで私がどんな株式をNISA口座でどんな株式を特定口座で買い付けているのかをご紹介します。




私のポートフォリオは様々な銘柄が入っています。

大きく分けると

『割安や高配当で積極的に利益を取りにいく銘柄』『不景気や株価下落時でも安心な安定株』です。

私はポートフォリオに債券を組み込んでいません。

そのため、『不景気や株価下落時でも安心な安定株』を組み込むことによって、ポートフォリオ全体でバランスを取って安定的に資産を増やせるポートフォリオを組んでいるのです。

もうお分かりだと思いますが、

●『割安や高配当で積極的に利益を取りにいく銘柄』をNISA口座で購入

●『不景気や株価下落時でも安心な安定株』を特定口座で購入

といった買い付けを行っています。

なぜならNISA口座の恩恵を受けられるのは、「配当や値上がりで利益が出た時」です。

下落でマイナスになった時に加え、リターンが0だった時もNISA口座の恩恵を受けることができないのです。

そうすると、値動きも少なく配当利回りもそこまで高くない銘柄である『不景気や株価下落時でも安心な安定株』でNISA口座を使うよりも、『割安や高配当で積極的に利益を取りにいく銘柄』でNISA口座を使った方が効率がよくなります。

そういう考えで私はNISA口座と特定口座を使い分けています。

ただ、神経質になりすぎるところではないのでざっくりと分けています。

そして配当金は1回でも多く非課税で受け取りたいので、できるだけ年初にNISA口座を使い切るようにしています。

そしてあくまでも私はグロース株投資ではなくバリュー株投資をしています。

積極的に利益を取りにいく銘柄と表現しましたが、その銘柄ですらバリュー株目線で見ているので、非常にリスクの低い投資をしています。

関連記事一覧