今年に投資を始めて大暴落に見舞われた人、絶対に見て!!



こんにちは。七宝です。

突然ですが、みなさんは上記の表を見て10年後のリターンはどちらの方が高いと思うでしょうか。

投資を始めた時の株価は1株1000円で同じです。

始めに10万円投資して、その後も年間10万円ずつ買い増しをしていきます。

配当金は毎年1株毎に50円もらえるものとします。

 

✅Aの場合は1年に2%ずつ株価が上昇します。

みなさんが投資を始める時にこうなったらいいなぁと思う理想的な形なのではないでしょうか。

 

✅一方、Bの場合は投資を始めた途端、大暴落が起こってしまい、1年後の株価は半値の1株500円になってしまいました。

そこから、毎年上下を繰り返しながら少しずつ上がっていきますが、10年後も株価は1株1000円に戻りませんでした。

最終的に株価が上がるなら大丈夫なのだけど…と思っている人も多いはず。

しかしこの場合は10年後も株価は戻りきらずに、Aは1株1200円、Bは1株900円と10年後でも300円の差がついてしまいました。




では運よく上昇気流に乗って資産を増やすことのできたAに毎年10万円投資していた人の資産はいくらになったのでしょうか。

答えは1,382,939円です。

結構増えましたね。

さすが上昇相場に乗って右肩上がりに資産が増えただけあります。

では、運悪く投資を始めた瞬間に暴落に見舞われ、最初の1年で資産が半分になってしまい、その後も株価は上下を繰り返し、10年後も結局株価が元に戻らなかったBに毎年10万円投資していた人の資産はどうなったのでしょうか。

答えは1,619,955円です。

 

!?!?

みなさんお分かり頂けましたか?

10年後の資産はBに投資をしていた人の方が遥かに大きいのです。

信じられないかもしれませんがこれは本当の話です。

なので、今年投資を始めた瞬間コロナショックという大暴落に見舞われた人は非常に運が良いのです。

今後経済の停滞が長引き株価がなかなか元の水準に戻らないかもしれません。

しかしそれでも問題ないことがお分かり頂けたと思います。

今年投資を始めていきなり暴落に見舞われてショックを受けている人がいましたら、是非このことを分かってほしいと思っています。

しかし、この結果になるのは暴落でも退場せずに始めに決めたルール通りに、愚直にコツコツと積み立て投資を続けることができた人だけになります。

右肩上がりに上がり続ける株価よりも、日々上下し、時には暴落もしてくれた方が私達長期投資家にとっては有利になることに他ならないのです。

私は引き続き堅実なコツコツ投資を続けるあなたを応援しています。

 

 

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。
引き続き応援よろしくお願いします。

SBI証券口座開設はコチラから

Amazonでのお買物はコチラから

ご利用よろしくお願いします。




関連記事一覧