投資を知らない人は知らない。お金はお金を稼ぐ!!



こんにちは。七宝です。

前回の記事で投資をしない事は今後の人生において非常にリスクの高いことだとお話をしました。

今後は投資をしないことがリスク。リスクの高い生き方はやめよう!

私達の生きている資本主義においては、お金というものはお金を稼ぐのです。

昔、「お金は寂しがりだからお金はお金があるところに集まってくる」

そんな話を聞いたことがありましたが、あれはそういう意味だったのでしょうか。

お金がお金を稼ぐ、これはお金の勉強をした人や投資をしている人にしか分からない現実です。

私の尊敬しているこびと株さんはその名の通り、

「株式をこびとに見立てて自分の代わりにこびとがせっせと働いて自分にお金を運んできてくれる。」

そんなテーマで発信をされています。

とても素敵な内容ですよね。

こびと株.com

こびと株さんも配当金を目的として高配当株投資をしてらっしゃる方です。

とても参考になるのでまだブログ読んでいない方いましたら是非読んでみて下さいね。




せっかくお金がお金を稼いでくれるのだから、いつまでも自分の時間を切り売ってお金を稼ぐ生活ではなく、始めは労働収入100%でも少しづつ資産を買い続けて、資産からの収入(お金が働く事により入ってくる収入)の比率を増やしていかなければなりません。

名著「金持ち父さん貧乏父さん」でも書いている通り、情弱者は「負債を資産」と思って買います。

そうではなく、持っているだけでポケットにお金を運んできてくれる資産を買っていかなければなりません。

資産からの所得は言い方を変えれば、みなさんの大好きな不労所得です。

代表的なものが株式の配当金です。

不動産の家賃収入は半不労所得です。

空室を埋めたり修繕をしたりと、やることがそこそこあるため不動産賃貸業という事業になるからです。

よって完全なる不労所得代表が株式の配当金だと考えています。

この「お金がお金を稼ぐ資本主義のルール」にいつまでも気づけない人は労働こそ美徳だなどの妄信をして、一生汗水垂らして朝から晩まで株主のために働き続けることになるのです。

勉強をしない情弱者は勉強をしないので完全に自業自得で仕方ないのですが、周りにそんな方がいたら是非投資をすることの大切さを教えてあげてください。

私達が生きているのは資本主義です。

この記事を見ると残酷なように思うかもしれませんがお金持ちが決めたルールです。

これが現実です。




自分がお金のために働く状態から、お金が自分のために働く状態にもっていきましょう。

幸いにも私達はパソコンやスマホ1台で投資ができる時代に生まれてきました。

行動すれば誰でも資本家側に回ることができるのです。

この記事に出会ってまだ投資を始めてない人、今からでも遅くありません。

今日からスタートしましょう。

関連記事一覧