投資は危険、投資せずに働く事が安全と思うのは大きな間違い!!



こんにちは。七宝です。

まだまだ日本人の多くは「投資はリスクがあるから危険」そう思っている人が非常に多いです。

3月の株式市場の暴落で「ほら見てみー」と思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、

🔴投資はリスクがあって危ない

🔴投資なんてせずに勤勉に働いていた方が安全

この考えは投資アレルギーを持った人の固定観念で、私は間違った考え方だと思っています。




今回のコロナ騒動が非常に良い例です。

こういった予測できないイレギュラーがあった時のことを考えると、投資をすることは危ない。

実際に3月に株価は大暴落したではないか。

そう考えると思います。

しかしよく考えてみて下さい。

今困っているのは労働者ですか?それとも株主ですか?

もちろん労働者も資本家も働いている業種や投資している業種が違うので一概には言えないという点もありますが、今困っているのは労働者ではないでしょうか。

給与カット、ボーナスカット、失業…

非常に多くの労働者が職を失い、非常に困っています。

一方株主はというと、日経平均株価はコロナショック前の水準に戻っていますし、一部減配はあったものの配当金も通常通り入金されています。

それに日銀が買い続けているETF(上場投資信託)ですが、コロナの暴落後年間6兆円から12兆円に倍プッシュで株価の下支えをしました。

国民に定額給付金を配るより遥かに前に先に株主を救済したのです。

投資をしていても、「例えば無配転落したJALの株式だけを持っていたら株主でも困っているだろうと」いった意見もあるとは思いますが、投資は分散ができます。

 

しかし、労働は体がひとつであることから基本的に分散もできません。

労働収入1本という「所得の種類の分散」もせず、「会社の分散」していない。

究極の一極集中、超リスクの高い生き方なのです。

その事実を分かった上で、それでも投資は危ないと引き続き投資をしないのか、少額からでも少しづつ資本家側に移動してくるのかを考えてみる必要があるのではないかと思います。




中には業種や会社に恵まれ、

このコロナ禍においても給与もボーナスも減額されずに、労働収入だけでも不自由なく暮らせ、セミリタイアを目指している訳でもない。

今の会社の業績も上々で給与やボーナスもそれなりにもらえているから今のままでいい。

そう考える人もいるでしょう。

私はそんな人が一番危なくて不幸だと考えています。

あなたが働いているその会社、10年後も20年後もこのまま業績が右肩上がりに成長していくと言い切れますか?

今の時点で満足な給与水準をもらっていたとしても、どこかで会社の雲行きが怪しくなるようなことがあれば、今まで通りの給与や賞与がもらえる保証はどこにもありません。

実際30年前に大活躍していた日本の企業達ですが、今苦しんでいる会社たくさんありますよね。

時代の流れでいろんなことが変わります。

時代の流れについていけない古い頭の人が経営陣ならなおさらです。

業績が悪化して給与カットや失業した時に気付いてももう遅いのです。

現在の会社で行っている業務スキルが会社の外でも役に立つスキルならどこでも雇ってもらえるでしょうが、そうでない場合は悲惨です。

好業績の恩恵を受け安心していたからこそ思考停止になり、行動せずに安心して労働してしまっているとこういう結果になりかねません。

もちろんいつまでも会社の業績が良くて定年まで今やそれ以上の給与水準で働けるかもしれませんが、未来は分からないので、自分で備えておくことが安定した人生にする上で非常に重要になります。

思考停止せずに行動していきましょう。

関連記事一覧