資産報告(2020年9月)



 

業種(セクター)の比率はこんな感じです。

業種(セクター)もまんべんなく分散しています。

 

 

日経平均株価  23,185円

入金(給与・賞与) 300,000円

配当金・優待金(換金した月で考える【税引き後】) 3,973円
(再投資入金)

2019年1月からの配当金・優待金 累計 287,342円

証券口座内総資産  11,845,392円  

前月対比 103.97%

昨年同月対比 151.03%

トータルリターン(評価損益+配当金・優待金 累計) +183,942円

現金比率 18.00%

総資産推移

9月のインカムアロケーション(収入の内訳)

労働収入 493,648円

副業収入 88,000円

資産収入 3,973円

日経平均株価は先月末とほぼ同じで私のポートフォリオは若干プラスなので、9月は市場平均を上回る結果となりました。

ポートフォリオの評価額が若干上がったこと、給与からの入金、配当金などがあり、総資産は前月より453,000円ほど増やすことができました。

現金比率は18%。

8月に購入してから株価が高値で張り付いているため、入金分しか上がっていません。

次の買い増しのタイミングはまだまだ先になりそうです。

暴落でもない限り、今年あと1回買うか買わないかくらいになりそうです。

相変わらず経済の調子は良くないのに株価は高く、できればあまり買いたくない雰囲気です。

銘柄を見ていても割安で美味しい銘柄には出会えません。

しっかりとキャッシュポジションを持ちつつ、少しずつ買っていくのがいいかと思います。

関連記事一覧