損切り?保有?買い増し?KDDI株をどうするか考える。



こんにちは。七宝です。

今話題の銘柄のひとつであるKDDI株。

前々から高配当株投資やバリュー株投資をしている人にとっては超優良銘柄であり話題でしたが、なんと最近は悪い意味での話題に変わっています。

ことの発端は安倍総理が辞任を発表し、菅官房長官が時期総理に有力となったくらいでした。

菅さんは前々から、

「通信会社は公共の電波を使っているのに儲けすぎ、大手3社でほとんどのシェアを取っているのもおかしい。」

「携帯電話料金は4割程度値下げする余地がある。」

などなどの発言をしていたため、通信会社の収益が将来的に下がるのだはないかとの見方から通信株が急落しました。

急落により安くなったのでラッキーとばかりに食いついていた人もいましたが、その後もNTTによるNTTドコモ完全子会社化や、携帯料金を下げない場合電波使用料を上げるなどといった政府のさらなる圧力もあり、さらに通信料の値下げが現実味を帯びてきたことから、KDDIの株価の下落が止まりません。




今この記事を書いているのは10月5日(月)14:30ですが、日経平均株価は300円近く上がっているのにKDDIは前日比マイナスと底なしに下がっています。

もう一社であるソフトバンクの株価も同様です。

KDDIは収益性も財務も非常に良く、(だから目を付けられた)私もおすすめしていた銘柄です。

話題の銘柄は買わない七宝が唯一買う銘柄とは!?

上記の記事にも書いてますし、前々から言い続けてますが、想定外の事が起きる事が想定内の株式投資です。

未来は誰にも分かりません。

いくら良い銘柄だと思っても一極集中せずに分散投資をしないといけません。

もちろんKDDIがこの先どうなるかは分かりませんが、少なくとも現時点で一極集中でKDDIに投資をしていた人はハラハラドキドキでしょう。

過去にもJALの倒産や東京電力の東日本大震災時における原発事故による暴落など、安定と言われていた企業が倒れることなんていくらでもあったのです。




ここで、現在KDDIを持っている人がどうすればいいのかをお話します。

「KDDIを持っている」と一概に言っても、ポートフォリオのほとんどがKDDIの人やKDDIの比率が非常に大きい人と、私のように銘柄や業種を分散していてポートフォリオの一部のみKDDIが入っているという人でやるべきは全く違うと思います。

大前提としてKDDIがこの先どうなるかは全く分かりません。

実際に携帯電話料金の引き下げや電波使用料の値上げなどで収益が下がるかもしれませんし、携帯電話料金を下げても経営努力により、収益が下がらないかもしれません。

そもそも菅総理の目論見が叶わず携帯電話料金が下がらないかもしれません。

残念ながら現時点ではどうなるか分からないのです。

なので適度にポートフォリオに組み込んでいる人は先走って損切りをせずに保有を続けたらいいと思います。

私ももちろんそうします。




KDDIに集中投資をしていた人は考えた方がいいかもしれません。

今後どうなるか分からないのはどの銘柄でも同じですが、そのままKDDIに賭けることは国策に逆らった投資です。

今までの経験上、国策に逆らって良い結果になるのはあまり見たことがありません。

チャートを見ていると割安に見えますが、あくまでも過去から現在を見た時に割安であるだけで、現在から未来を見た時に今が割安とは限りません。

もちろん現段階で減益や減配をしている訳ではないので、収益や財務的には割安であることに違いはないですが・・・

 

「含み損だからもったいなくて売れない」その気持ちも分かりますが、ある程度損切りして分散の効いたポートフォリオに作り替えた方が賢明な気はします。

きつい事を言いますが、ひとつの銘柄に一極集中することは賭けです。

今、大きな含み損があるという事はすでに賭けで負けた後なので、いまさら損を惜しんでもどうにもなりません。

損切りをして今をスタートとして、新たにやっていかないとこのままズルズル下落していく可能性も十分にあります。

私は長期投資で

「損切りは必要ない、狼狽売りするな、下落はむしろ買い増しのチャンスだ。」

そう言っています。

しかしそれは正しい銘柄に幅広く分散投資をしている前提の話なのです。

インデックス投資で積立投資をしている人はインデックスファンドを買っているだけで十分な銘柄の分散が効いているので、淡々と積み立て続けたらいいのですが、今回のように自分で選んだ銘柄に一極集中投資をしていた場合、見直しは必要になります。

 

ちなみの私は持っているKDDIを売るつもりもありませんが、国策には逆らいたくないので、今のところ買い増しも考えていません。

 

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。
引き続き応援よろしくお願いします。

SBI証券口座開設はコチラから

Amazonでのお買物はコチラから

ご利用よろしくお願いします。




関連記事一覧