《重要》鳥貴族でポイント荒稼ぎに物申す!大切な考え方教えます!



こんにちは。七宝です。

昨日話題になっていたGоToイートキャンペーンで鳥貴族を使ったポイントの荒稼ぎ。

まず、このGоToイートキャンペーンとは、

13事業者のオンライン飲食予約サイトで予約して来店すれば予約人数につき、

✅ランチ(6時~14時59分まで)500円分のポイント

✅7ディナー(15時~翌5時59分まで)1000円分のポイント

が予約回数、来店回数無制限で付与される。

というものです。




この仕組みを利用して、鳥貴族でポイントの荒稼ぎをしている人が多数出没しているとのこと。

安価な居酒屋として有名な鳥貴族のメニューはほとんどが298円(税込327円)。

その税込327円の商品を1品だけ食べて店を出てしまうのです。

327円の飲食でも1000円分のポイントが付与されるので、実質673円は儲けになってしまうのです。

鳥貴族で1品だけ食べて店を出て、他に予約していた鳥貴族に行って・・・を繰り返せば、673円分のポイントプラス料理1品分で1店舗当たりで1000円分儲けることができます。

人数にも制限がないので2人でやれば1店舗当たり2000円です。

 

こんな事ができてしまうのでみなさんもやりましょう。

もちろんそんなことが言いたくてこの記事を書いている訳ではありません。

制度的にそれができてしまいますし、違法ではないのでやりたい人は別にやればいいと思います。

しかしそんな事をやっている人達は、ポイント分以上に自分の大切な時間を失っており、やればやるほど損しているのです。

この人達はいつまでも目先の小さなお金に目を取られ、いつまでも豊かにはなれないでしょう。




実際に計算してみるとすぐにその真相が分かります。

鳥貴族は、コンビニや歯医者さんほど数がある訳ではありません。

良くてJRの快速電車、私鉄の急行の停車駅毎程度でしょう。

そして予約する時間、飲食する時間、お会計の時間、次の店まで移動する時間(居酒屋には駐車場がないので電車移動)。

含めると1店舗当たり2時間くらいかかるのではないでしょうか。

そして電車代が200円だったとすると時給は400円です。

2時間で1000円-電車代200円=800円

800円÷2時間=時給400円

そう、時給400円です。どれだけ物価の低い都道県でも最低時給は790円です。(東京は1013円)

最低時給を満たすこともできていません。

最低時給1000円と考えて得していると思ってやっていたら、実際にはやればやるほど1時間当たり600円損をしていっているのです。

✅時間は有限であり、ある意味ではお金より大切であることが理解できていない

✅時間単価で物事を見ることができない

✅時間とお金を天秤にかけて考えることができない

「鳥貴族マラソン」、「トリキの錬金術」そんな事を言いながら鳥貴族を周っているような人達は、残念ながらお金持ちからはもっとも遠い存在です。




私はいつも時間単価を考えて行動しましょうといったお話をしています。

小まめにコンセントを抜いたり、牛乳が10円安いと隣町のスーパーまで行ったり、

1時間ポチポチしてやっと100ポイント貯めるようなポイ活をしたり、

時間の割に得られるお金が少ないことはやめましょう。

そう言っています。

 

逆に時間を得られることにはお金を使おう。

そうとも言っています。

ルンバ、食洗器、ドラム式洗濯乾燥機、タクシー、新幹線など自分の時間単価にもよりますが、お金を払うことで自分の時間が作れるのならお金を払った方がトータル得であることも多いのです。

将来のお金持ちは彼らがトリキを回っている間にスキルUPを続け、自分の時間単価をどんどん上げています。

そうやって知らず知らずの間にどんどん差が付いていくのです。

自分の時間単価を上げている人はお金持ちに、トリキを回っている人は貧乏になっていく未来が見えてしまっています。

そんな自分で選んだ結果でそうなっているのに、貧乏な人がお金持ちに文句を言うような世の中なのですから、もうめちゃくちゃですよね。

どっちになるかはみなさんの行動次第です。

 

それに末永く得しようと思うとやはりwinwinや三方良しでないといけません。

今回のようなとこをやっても鳥貴族は席料や飲食予約サイトに支払う送客料を加味すると完全にマイナスです。

鉄道会社や飲食予約サイトが少しだけ儲かっているかもしれませんが、鳥貴族はマイナスです。

そして1000円の税金が使われているので国民もマイナスです。

それに前述の通りやっている本人もマイナスです。

winwinでも三方良しでもなくただのLOSTLOST、三方悪なのです。

 

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。
引き続き応援よろしくお願いします。

SBI証券口座開設はコチラから

Amazonでのお買物はコチラから

ご利用よろしくお願いします。




関連記事一覧