七宝は40歳からの年金生活を目指しています!!



こんにちは。七宝です。

みなさんは高齢者が楽しそうだと思ったことはないでしょうか。

もちろん人によりますが、公園で友達とゲートボールをしたりテニスをしたり、友達や夫婦で旅行に行ったり、適度に働いたりと実に充実したストレスも少ない生活を送っているようには見えないでしょうか。

いつもピリピリイライラしている現役世代と比べて充実しているように見えます。

なぜそんな充実した生活ができるのでしょう。




その答えはズバリ年金です。

いまの高齢者はまだ十分な年金を受給することができています。

年金というのは毎月自動的にある程度の金額が亡くなるまでもらえるので、非常に安心です。

小遣い稼ぎに軽い労働をしていたとしても、あくまで軽い労働であり生活費のために朝から晩まで必死に働く必要がないのです。

その年金という「インカム」があるからこそ、高齢者達は豊かで楽しそうな生活を送ることができているのです。

いまの高齢者達ももちろん現役世代は働いて、年金を納めてきたからいまの生活を手に入れているので権利としては当然です。

私達もいまの高齢者と同じようにいま頑張って働いて年金を納めて、将来はそんな生活をしよう。

そう言いたいですが、残念ながらそうはいきません。

 

ご存知の通り日本は少子高齢化が進んでいきます。

年々、年金受給額が下がったり受給開始年齢が繰り下げられたりしていきます。

満足いく年金がもらえたり、定年退職できるのは現在50代の人までとも言われています。

現在40代以下の人は自分でなんとかしないと、いまの高齢者のような生活はできません。




今回の記事は将来年金がもらいないという事を伝えたい訳ではないので話を戻します。

冒頭で高齢者が豊かで楽しそうなのは、年金という安定して入ってくるインカムがあるからというお話をしました。

そこが非常に重要なのです。

安定して入ってくるインカムがあれば人生HAPPYなのです。

だから私は40歳前後でセミリタイアをして、いまの年金暮らしの高齢者のような生活をしようと企んでいるのです。

もちろん40歳で年金がもらえる訳はありません。

しかし年金の代わりになるものを自分で作ることは可能なのです。

年金のように安定的にインカムが入ってくるものは他にも、ベーシックインカムや株式の配当金、債券などの利息収入などがあります。

この中で自分で作れるものは株式配当金と債券などの利息収入です。

そう、自分で年金のようなものを作ってしまって40歳から年金生活を送るのです。

上記2点の方法を上げましたがいつ終わるか分からない超低金利時代において債券などの利息収入は現実味がないのでダメです。

債券の利息を年金代わりにしようと思ったら数百億の資産が必要なのではないでしょうか。

他にも不動産で家賃収入という方法もありますが、これは不動産の経営になるので不労所得でもないですし、年金の代わりとは言えません。

そうなると残りはひとつ、株式の配当金です。




私は株式が大好きです。

歴史を振り返っても株式のリターンは突出して高く、配当金というインカムを与え続けてくれます。

よって私は40歳前後までに株式を買い続けて、40歳以降は配当金という年金を使って年金暮らしをする計画を立ててます。

これでいまの高齢者のようなストレスが少なく、豊かな生活を送ることができるのではないでしょうか。

40歳から年金生活ができたら残された人生の時間はたっぷりあります。

定年の延長で70歳になっても80歳になっても生活のために働き続けない人生と、40歳から年金生活をする人生、どちらがいいでしょうか。

私は後者がいいので、いまこうやって投資をし、発信をしています。

投資なんて怖い、危険、そんな事を言って労働のみの人は前者を選んでいるのです。

私は40歳前後と設定していますが、もちろんペースは人それぞれです。

50歳でもいいですし、60歳でもいいです。

私達が60代になった時は65歳で仕事を辞めてもアーリーリタイアなのですから。

この記事を読んでいる方、自分の人生をどうするかは自分で決めて下さい。

 

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。
引き続き応援よろしくお願いします。

SBI証券口座開設はコチラから

Amazonでのお買物はコチラから

ご利用よろしくお願いします。




関連記事一覧