バカな政治家に物申す!これでは日本の成長はない!



こんにちは、七宝です。

バカげた政策のニュース記事を見ました。






これは今までは世帯主1人の年収が960万円以内で児童手当カット(それもおかしいけど)だったのが、世帯年収に変更すると言うもの。

突っ込みどころが満載すぎて呆れてしまいます。

女性の社会進出、共働きをしやすい社会にするんじゃなかったの?

少子高齢化が進んでいるから、どんどん子供を産んでくれる政策をしないといけないんじゃないの?

高所得者はこれからの日本を引っぱっていく人達で、国にたくさん税金を納めているのもその人達なんじゃないの?

少なからず共働きを辞めて世帯年収960万円に抑える家庭出てきますよ。

トータルで見ると児童手当を減額した分以上に税収減りますよ。

出生率も下がりますよ。

政治家ってバカしかいないのでしょうか。

プライマリーバランスの黒字化?・・・ふざけるなと言った感じですね。

経済的弱者や高齢者を優先を救済したり優遇するのを悪いとは言いません。

しかし、度が過ぎると「日本で成功を収めよう、日本を引っぱって行こう」そんな人達のやる気もなくなるので日本で成功者なんて生まれなくなります。




現に賢い人って海外に行きますよね。

2ちゃんねる開設者である西村博之さんも以前言っていました。

日本で暮らす一番賢い方法は「生活保護をもらって暮らすことだ」と。

その通りでしょう。

上記のニュースを見ていると、一生懸命働いて税金を納めるのがバカバカしくなってくるでしょう。

実際にこの変更が施行されるのであれば、子供が出来たら七宝家も共働きを辞めるつもりです。

こんな間違った政策ばかりしていては本当に日本の未来なんてありません。

税金をたくさん支払っている人が、経済的弱者を支えている現実も忘れてはいけません。

ただ単に「取れるところから取ってやろう。」そんな考えばかりしていては日本の成長はないでしょう。

 

話を切り替えます。

このように国は間違った政策を平気でします。

しかし文句を言っていても何も変わらないのです。

私は日本が好きです。

こんな平和な国に生まれることができたのは非常に幸運なことです。

だから海外に行くなどはぜず、ずっと日本に住みたいと考えています。

なので決められた制度やルールの中でうまく活用して生きていくことが非常に重要です。

決まってしまったルールの中で一番得をする方法(主に節税)を計算して自分の資産を有利に形成していく他ありません。

そのためには勉強し知識武装をしないといけません。

自分で考えて行動しないと、勤勉に働くだけのノーガード状態では、国にお金を搾取され続けて資産を形成することが難しくなってしまいます。

 

今回の場合、副業で事業を立ち上げて、赤字を作って年収を960万円に抑える・・・などを考えていかないといけないですね。

生殺与奪の権を政府に握られている状態ではなく、政府がどんな間違った政策をしても豊かに暮らしていける状態を作りたいものですね。

 

 

関連記事一覧