銀行預金は手数料無料ではない!!



こんにちは、七宝です。

ご存知の通り、銀行預金は金利が全く付きません。

株式に投資をすると、会社が稼いだ利益から配当金が支払われます。

私の買っている銘柄は大体配当利回り3%前後です。




例えば、400万円の株式を持つ事により得られる配当金は月1万円です。

(一旦税金は考慮していません)

400万円×3%=12万円、12万円÷12カ月=1万円

400万円分の株式を買うと、月1万円の不労所得が得られるという事です。

400万円のお金には月に1万円稼ぐ力があるという事になります。

そう考えると、銀行に400万円のお金を預けていても月1万円もらえるどころか、月に1円ももらえない銀行預金は異常である事がお分かり頂けるかと思います。

それはもらえるはずのお金がもらえていないので、銀行に手数料を月1万円払っていると考える事ができます。

実際にそのお金で銀行は人件費や建物の維持費を払っているのですから紛れもない事実です。




確かに銀行預金は元本保証、株式投資にはリスクがあります。

しかし株式投資のリスクは自分でコントロールする事ができます。

銘柄の分散、業種の分散、時間の分散です。

短期的に元本割れはありますが、長期投資をした場合のリターンの振れ幅は小さくなります。

短期的にはマイナスリターンの時もあれば、大きくプラスリターンの時も、変わらずの時もあり、単年のリターンはブレますが期間が長くなれば長くなるほどリターンは年間3%~5%に回帰します。

多くの人々は「短期的にも1円も損をしたくない」と思い、貯金の全てを銀行預金で保管してしまいます。

400万円の場合、月1万円も機会損失という形で無駄にしてしまっているのです。

 

「お金がお金を稼ぐ」というのは資本主義社会における常識です。

「お金がお金を稼ぐ」という事を知っている人は、必要以上に預金をせず、お金を働かせます。

それに気づかず、「元本保証だから」と預金ばかりして月に1万円も元本保証の手数料を払っていたり、

「10年寝かせたら元本割れはない」といった謳い文句に乗せられて貯蓄型生命保険に入っているようでは、いつまでもお金を増やす事なんてできません。

400万円のお金があるのなら月1万円のお金が入ってくる。

この資本主義のルールをしっかりと理解して行動する事が大切です。

 

今回は「400万円の資産は月1万円の収入を生みますよ。」というお話ですが、これは固定費の削減がどれだけ大切なのか考えるきっかけにもなります。

家賃交渉、無駄な保険の見直し、通信費の見直しなどで月1万円の固定費削減に成功したなら、400万円分の資産に匹敵する。

そう考える事もできます。

当記事では400万円のお金を眠らせておく事のもったいなさと、固定費の削減の大切さをお分かり頂けたら嬉しいです。

関連記事一覧