なぜお金持ちはお金を使っても減らないのか?



こんにちは、七宝です。

贅沢をしているお金持ちをみなさんは羨ましいと思うと思います。

なぜどんどん贅沢をしてもお金が減らないのか考えたことはあるでしょうか。

資本主義のルールを理解している人にとっては簡単な事ですが、資本主義のルールや投資を知らない人からしたら、「元のお金がたくさんあるから使える」とこう思っている人がほとんどなのではないでしょうか。

例えば50億の資産があって、贅沢して1億使ってもまだ残りは49億ある。

だからお金持ちは贅沢ができるのだ。

それも間違いではないですが、もっと大きな違いがあります。




投資を知らない一般の方の場合でも、贅沢が全くできない訳ではありません。

海外旅行にも行けるし、高級レストランで食事をする事も、高級車を買う事も、不可能ではありません。

しかしそれは労働で稼いだお金の中からただ使っているだけの場合がほとんどです。

私達は労働をして給与をもらいます。

その給与から各種税金や社会保険料、そして日々の生活費を引いて残った分が自由に使えるお金です。

確かにそれは自由に使っていいお金なので贅沢しても何をしてもいいです。

しかしそれでは当たり前ですがお金はなくなります。

お金がなくなって次の贅沢をしようと思うとまた労働です。

サラリーマンの収入のみで良い車を買ったり高級レストランに行ったり海外旅行に行ったり・・・それではいつまでもお金は貯まりませんし、豊かな未来にもなりません。

せっかく働いたお金も使ってしまえば消えます。




お金を使えばお金が減る。

こんな当たり前のような事ですが、お金持ちにとってそれは当たり前ではないのです。

実際にお金持ちは贅沢してもなお、お金持ちのままです。

お金が減っていっているどころかさらに増えていきます。

それが資本主義社会の恐ろしさです。

お金持ちはさらにお金持ちに、貧乏人はいつまでも貧乏人のまま。

貧富の差はどんどん広がるようにできているのです。

 

ではなぜ同じように贅沢をしてもお金持ちのお金は減らないのかを教えます。

それは労働収入のお金を使っているのではなく、資産収入からのお金を使っているからです。

例えば株式を1億円持っていたとして配当利回り4%で運用すると、一旦税金の事を置いといて配当金で年間400万円のお金が入ってくるのです。

働きもなにもせずに寝ていても、勝手に年間400万円のお金が入ってくるのです。

もちろんこの400万円を使って贅沢をしても元の資産1億円は減りません。

株価の上下で1億円が9000万円になったり1億1000万円になったり日々変動はしますが、売却しない限り年間400万円の配当金収入が入ってくるのです。

もちろん10億円持っていたら4000万円、100億円持っていたら4億も勝手にお金が入ってくるのです。

自分で働いたお金ではなくお金が働いたお金を使っている限り、お金が減ることなんてないのです。

せいぜい可処分所得年間400万円の人が頑張って買った400万円の車、同じ400万円の車でも1億の資産を持っていて配当金の400万円で買うのでは全然意味が違います。

 

私の親はお金持ちではありません。

むしろ貧乏です。

しかしお金持ちはいいなぁ、と諦める必要はありません。

みなさんも投資をする事で、「労働収入ではなく、資産収入で贅沢をする」という事が可能になるのです。

給与をもらったら資産を買うのです。

お金を生む資産です。

不動産や債券などいろいろありますが、私は株式が一番いいと思っています。

労働収入を直接使って贅沢をするのではなく、労働収入で資産を買ってその資産が生むお金で贅沢をするのです。

これで未来は全く別のものになります。

 

私も今は資産を買い進めている状態です。

労働収入で良い車に乗っている人もいますが、私は資産を買い、将来その資産が生んだお金で良い車を買おうと考えています。

要は贅沢の後回しです。

労働収入で贅沢をしていてはいつまでも労働です。

使っても減らないお金は資産が生んだお金です。

コップの水は飲まずにコップから溢れた水を飲もう。

金のなる木は育て続けて金のなる木が生んだ実を食べよう。

ニワトリを食べずにニワトリが産んだタマゴを食べよう。

コツコツ資産を買う事で私達も使っても減らないお金の使い方ができるようになります。

お金持ちのお金の使い方に仲間入りしましょう。

関連記事一覧