お金持ちになるモノ 貧乏になるモノ



こんにちは、七宝です。

みなさんが頑張って働いたお金、みなさんはいろんなモノを買う事に使っています。

以前からお金の使い方には消費・浪費・投資の3種類があるとお話をしています。

今回は資産を保有するにしても「持っているだけで価値が上がっていくモノ、変わらないモノ、下がるモノ」その3つがあるというお話をしたいと思います。




多くの人は「保有しているだけで価値が下がるモノ」や「買った瞬間に価値が0になってしまうモノ」を購入してしまっているのが現状です。

「買った瞬間価値が上がる」というのは相場よりかなり安く買わないといけないので相当難しい事です。

もちろん私達は日々の生活があるので衣食住を中心に、「買った瞬間、使った瞬間価値が0になるモノ」を購入しないといけません。

500円で買った弁当は買った瞬間や食べた瞬間価値は0になります。

これは消費なので仕方ありません。

私はこの仕方のない消費や浪費による支出を、「持っているだけで価値が上がるモノ、持っているだけでお金を生むモノ」を持つ事で相殺しようとしているのです。

それではモノを保有するにあたって価値が上がっていくモノ、変わらないモノ、下がっていくモノにはどんなものがあるのでしょうか。




まず「下がっていくモノ」の中には、不動産、車、現預金などがあります。

要はモノとして存在しており経年劣化するものと、運用していないお金です。

運用していないお金はインフレにより価値は目減りしていきます。

 

「変わらないモノ」としてはゴールドがあります。

「上がっていくモノ」は株式があります。

 

ざっくり分けるとこうなると私は考えています。

細かい事を言うと車の中でもフェラーリだと価値が落ちないとか、ロレックスの腕時計や最近でいうところの遊戯王カードなどの一部希少価値の高くなったモノもありますし、不動産も立地によっては価値が上がっていくモノもありますので、あくまでザクっと分けただけとお考え下さい。

日本の不動産は経年劣化により基本的には価値が少しずつ目減りしていきます。

それでも投資になり得るのは、目減りする価値以上の家賃収入が期待できるから。

株式は銘柄にもよりますが基本的には株価は上がっていきます。

それに加え配当金ももらう事ができます。

その観点からも私は不動産投資よりも株式投資を好んでいます。

 

このように持っているだけで「価値が上がっていくモノ、変わらないモノ、下がっていくモノ」があるのです。

さらには持っているだけで「お金が入ってくるモノ」と持っているだけで「お金が出ていくモノ」にも分ける事ができます。

株式は配当金がもらえるので持っているだけでお金が入ってくるモノです。

車は維持費がかかるので持っているだけでお金が出ていくモノです。

 

株式は持っているだけで、価値→上がる、お金→入ってくる

車は持っているだけで、価値→下がる、お金→出ていく

不動産(賃貸用)は持っているだけで、価値→下がる、お金→入ってくる

このように同じ持つにも様々な種類があります。

車を持つなと言っている訳ではなく、車のお金に対する位置付けがこのようになっている事を理解した上で便利さ、時間などのために保有するのは間違っているとは思いません。

株式をすでにある程度持っているのなら、配当金と車の維持費を相殺すれば実質維持費0で車に乗れると考える事もできるでしょう。

多くの人は「価値が下がっていくモノや持っているだけでお金が出ていくモノを持ち、そのマイナス分を全て労働でカバーする」そんな事をひたすら続けています。

保有するにしても株式などの価値が上がっていくモノ、持っているだけでお金を運んでくれるモノも持つ事で保有のバランスを保たず、いつまでも労働だけでカバーしているようでは、身軽に生きる事ができません。

自分が買おうとしているモノは価値がどれくらい下がっていくモノなのかなどを考えた上で、保有のバランスを考えてみてはいかがでしょうか。

 

七宝のLINEスタンプ出来ました!!
是非ともご利用下さい!!

関連記事一覧