【改定】資産2000万円で現金比率変更します!



こんにちは、七宝です。

本日は私の個人的な運用ルールの変更をお知らせします。

大きな運用方針は今後も変えるつもりはないのであくまでも微調整です。

これまでも常に微調整を繰り返して現在のルールで運用しています。

運用ルールの詳細はこちらの記事をご覧ください。

《保存版》私の投資法教えます~2021年1月更新~




上記記事でも書いている通り、私は常に証券口座内の現金比率を15%~25%に設定しており、入金や株価の下落により現金比率が25%に上がると10%分の株式を購入し、現金比率を15%に落とす。

こういった方法で繰り返し購入しています。

自分で購入のタイミングを計るのは大変です。

そのためこのようなルールを設けて機械的に買い付けをしているのです。

現金比率が25%以上になる事はないので大きく機会損失を被る事もないですし、現金比率が15%以下になる事もないのでリスクを取り過ぎず暴落の際も精神的に安定する事ができます。

 

また、給与から毎月入金はしているので株価が同じでも定期的に買い付けのタイミングはやってきます。

それに加え株価が下落すると現金比率が上がるので自動的に安い時に買う可能性が高くなりますし、株価が安い時も10%、高い時も10%買うので安い時にはたくさん、高い時には少しだけ買う事になります。

私はドルコスト平均法とリバランスを融合させたような手法と考えています。

このように15%~25%の現金比率で運用してましたが、私の資産は当初より順調に増えていっています。




当初はこの10%刻みがちょうどよかったのですが、資産が増えると10%の金額が大きくなります。

給与からの入金を増やせる訳ではないので、買い付けから買い付けまでの期間はどんどん開いていき、一度の買い付けで多くの株式を買う事になります。

そうなると時間の分散が弱まりますし、1年以上買い付けをしない時があるなどさすがに退屈すぎます。

それに資産2000万円に対する20%~25%の現金比率は、400万円~500万円運用してないお金があるという事になります。

その他に、生活防衛資金300万円も置いているので合わせて700万円~800万円のお金を運用せずに置いておくのはもったいないです。

そのため証券口座内資産が2000万円に一度でも達した時点で現金比率を15%~25%から15%~20%に切り替えます。

以降は現金比率が20%になった時点で5%分の株式を購入する。

そんなルールで買い付けを行っていきたいと思います。

それにより買い付け回数が増えるので、より一層しっかりと時間の分散が効き、一度の買い付けで適量の株式を購入する事が可能になると考えます。

 

七宝のLINEスタンプ出来ました!!
是非ともご利用下さい!!

関連記事一覧