月5万円の配当金生活を目指そう!!



こんにちは、七宝です。

配当金生活、なんとも心地の良い言葉ですね。

みなさんは配当金生活と聞くと、月いくらくらい配当金が入ってくる事をイメージするでしょうか。

「月100万円や月50万円」という配当金からの収入があるのなら働かなくても裕福な生活ができそうですね。

月100万円や月50万円と言わずとも、月20万円あれば普通に生活できる最低限の収入にはなるのではないでしょうか。

では月20万円の収入を得ようとするとどのくらいの資産が必要になるのでしょうか。




月20万×12ヶ月=年240万

240万÷3%=8000万

配当利回りが3%として、8000万円の資産が必要になります。

8000万円という資産、投資期間がしっかり取れて支出を見直したり副業をするなどしっかり入金できるのなら決して無理な数字ではありません。

しかし8000万円という数字は決して簡単に達成できる数字ではないのは間違いないでしょう。

では「生活するのに月20万円は欲しいけど、どうせ無理」と資産形成を辞めてしまうのでしょうか。

それはかなりもったいない事です。

投資、資産形成は0か100ではありません。

20万円の配当金にこだわらなくてもいいのです。




20万円に届かなくても月5万円の配当金収入があれば生活はどうなるでしょうか。

月5万円の配当金収入があればかなり生活が楽になったり、お小遣いが増えたりするのではないでしょうか。

月5万円の配当金は資産2000万円で可能です。

月20万円の生活水準の人が月5万円の配当金を得るのであれば4分の1配当金生活と考える事もできるのです。

お金に余裕ができると時間を作る事もできます。

生活費の4分の1が配当金でカバーできるのなら働く時間を1日8時間から6時間に減らしてもいいでしょう。

そのまま8時間働くのなら月5万円の配当金は再投資に回して複利の効果を使って月10万円、月15万円と将来の月の配当金収入を増やしていってもいいでしょう。

 

結局お金に余裕があると、時間を作る事もできるしさらにお金を増やす事もできる。

選択の幅が広がるのです。

資産形成をしていないと常に働き続けて生活費を稼ぐ、その繰り返しで自由な時間を作る事もお金を増やす事もなかなかできません。

月5万円の配当金は自由な人生への通過点になるでしょう。

資産2000万円までいくと、月5万円の配当金収入もありますし、資産2000万円に到達できるだけのマネーリテラシーが付いているという事にもなるので、後の人生のお金面での難易度はグッと下がる事でしょう。

いきなり月20万円の配当金生活生活を目指す必要はありません。

月5万円の4分の1配当金生活、月10万円の2分の1配当金生活と一歩一歩進んでいきましょう。

 

七宝のLINEスタンプ出来ました!!
是非ともご利用下さい!!

関連記事一覧