『毎年の旅行に優待目的でJR株を買う!』について考える。



こんにちは、七宝です。

関西地方在住の方より質問を頂きました。

知人A
知人A
毎年九州旅行に行くので、優待券がもらえるJR九州の株式を保有しておいた方がいいのでしょうか

今回はこの質問に対してお答えしたいと思います。




私自身鉄道オタクのため、同じ事を何回も考えたことがあります。

JRの株主優待はかなり魅力的で、

✅JR西日本とJR九州は片道分の運賃・特急料金が5割引(片道であれば特急料金何回でも)

✅JR東日本は片道分の運賃・特急料金が4割引(特急料金は一回のみ)

です。

JR東海は魅力に欠けますが、西日本、九州、東日本の優待はかなり魅力的です。(北海道、四国、貨物は非上場)

これだけお得な優待がもらえるのですが、結論から言ってしまうとJR株を含め優待目的での投資を私はあまりおススメしていません。

優待制度については投資をしていない方が投資に興味を持ってもらうきっかけになる事も多いので賛成なのですが。

その理由としては優待目的で株式を購入しても、優待分以上に損をしていては意味がないからです。

優待券に釣られて株式を買うより、しっかりと今後も成長していくのか、増配を続けていってくれる可能性が高いのか。

そういった本質を見た上で投資判断を下さないといけません。




もちろん、JR九州という会社の業績や今後の見込みなどを予想した上でJR九州に投資をする。

結果的に株主優待券が付いてきた。

それなら全く問題はないのです。

株主優待を出す会社やJRへの投資をすべきではない、と言っている訳ではありません。

優待はあくまでもオマケと考え、その他の本質を見る事が大切だという意味です。

この株主優待券、金券ショップで購入した場合の価格は2000円~5000円ほどです。

配当利回りを考える時に100株当たり20円~50円を配当でもらったと考え、利回りに乗せて考えるのは有りでしょう。

逆に考えると優待目的で株式を買うよりも長期的に増配してくれると思える会社に投資をして、その配当金で毎年2000円~5000円で金券ショップでJRの優待券を買った方が確実でしょう。




もうひとつ優待で注意しないといけないのが、優待は簡単に廃止されるという事です。

優待目的で株式を買ったが、優待が廃止、又は改悪される・・・

これはよくある話です。

この場合、優待目的で多く買われていた銘柄だと、株価まで大きく下落し踏んだり蹴ったりになります。

私の憶測ではJR各社の優待廃止は考えにくいとは思っていますが、優待目当てで株式を購入するのが最適であるとは考えていません。

以上が質問の答えとなります。

 

七宝のLINEスタンプ出来ました!!
是非ともご利用下さい!!

関連記事一覧