私 VS 1億円



こんにちは、七宝です。

かねてより言っているように、資本主義社会ではお金がお金を稼ぎます。

お金を稼ぐのは人間だけではなく、お金もお金を稼ぐのです。

「お金は寂しがり屋だからお金のある方に行く」とか、「お金はあるところにはあるんですねー」とよく言われていますよね。

だからお金持ちはずっとお金持ちのまま、さらにお金が増えていきますし、貧乏な人はいつまでも貧乏から抜け出せないのです。

投資をしていたら配当や株価上昇でお金は増えますし、借金をしていたら金利でお金は減っていきます。

これがお金がお金を稼ぐという事です。

 

金利を敵に回すのではなく、味方に付けましょうというお話も過去にたくさんしています。

お金がお金を稼ぐ力をうまく利用すると、自分が働かなくてもお金が入ってくる状態を作る事ができます。

私は少しずつその状態に向かって歩みを進めているのです。

私はもちろん現時点で1億円というお金はないのですが、資産形成している人の多くが目標にしている1億円というお金を考えてみましょう。




題名の通り、「私が稼ぐ力」と「1億円が稼ぐ力」を比べてみます。

私の年収は非常にざっくりですが500万円としましょう。

1日8時間~10時間、年間250日以上一生懸命働いて500万円稼いでいます。

一方1億円は、というと投資における期待リターンは5%前後なので、同じく500万円です。

私の稼ぐ力と1億円の稼ぐ力は同じという事になるのです。

(実際には税率の違い、社会保険料などで1億円のお金が稼ぐ方が手取り額は多くなります。)

 

1億円と同じくらい稼いでいる私がすごいのか、私と同じくらい稼いでいる1億円がすごいのかの考え方は人それぞれだと思います。

これは1億円を運用する事ができたなら、私は全く働かなくても年収500万円の生活が送れるという事です。

仮にそのまま私と1億円が共に働けば2本柱で年収1000万円。

共働き夫婦であれば夫婦2本柱から1億円の稼ぎが加わり3本柱にする事もできてしまいます。




そう考えると、お金に稼いでもらえれば自分達の労働を減らす事ができるのです。

なので私は生活水準を上げたりお金持ちになろうとしている訳ではなく、まとまったお金を作り、お金と共働きする事によって自分の労働時間を減らす事を目指しているのです。

資産形成、投資をする事は、お金というもうひとつの労働力を育てる事で将来の自分の時間を守る事なのです。

 

いつまでも自分だけの労働に頼るのはとてもリスクが高い事です。

死ぬまでフルで労働なんてしんどいです。

私はまず資産5000万円を目指しています。

これは配当収入として年間200万円(配当利回り4%として)が入ってくると、私達夫婦の働く時間を大幅に減らす事ができるからです。

フルタイム正社員で働かなくても生活できるようになるのでセミリタイアが可能になります。

仮にセミリタイアまでいかなくても月3万円でも月5万円でもお金が稼いだ収入(配当収入)があると、生活は非常に楽になるでしょうし、老後の年金の足しにもなるでしょう。

 

七宝のLINEスタンプ出来ました!!
是非ともご利用下さい!!

関連記事一覧