なぜ株式投資したらセミリタイアできるの?



こんにちは、七宝です。

私は10年後の40代前半でのセミリタイアを目指しています。

あくまでも10年後に絶対にセミリタイアすると決めている訳ではなく、その時にセミリタイアしたかったらできる状態を目指しています。

セミリタイアを目指して資産運用をするという事は、未来に選択の幅を広げる事に繋がります。

『目指せセミリタイア!』は未来へのリスク回避!!




そのために給与収入や副業収入からコツコツと証券口座に入金を続けて、自分の決めたルールにより株式を購入しています。

セミリタイアを目指すにあたって必要不可欠になってくるが投資です。

貯金でセミリタイアをするのはほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

運用していないと貯金でお金は増えません。

一部の稼ぐ力がバグっている人なら可能ですが、私を含めたくさんの人は10年で一生生活ができるお金を貯めるのは難しいと思います。

私は一部の稼ぐ力がバグっている人ではなく、私のようなごく普通の人を対象に発信をしています。

貯金では貯金したお金がただ足し算で増えていき、セミリタイア後もそのお金をただ切り崩すだけの状態になってしまいます。

セミリタイアするまでも、セミリタイアしてからも、お金を資産に変えて運用しておく事が必要不可欠になります。

投資と言っても株式、不動産、債券、外貨、ゴールド、コモディティなどいろんな種類がありますが、私は株式投資でセミリタイアを目指しています。

私が株式投資を選んでいる理由は過去記事でたくさん書いています。

一部リンクを貼りますのでよろしければご覧ください。

不労所得はやっぱり株式投資

株式投資はみんなでお金持ちになれる方法です!!




なぜ株式を購入し続ける事でセミリタイアできるのかというと、

その答えは配当金にあります。

私は配当金を出す会社(配当利回り3%前後の増配株)の株式を買っているので、保有株式が増えるにつれてもらえる配当金が増えていくのです。

この配当金を増やす事で、労働収入を減らしてもトータルでの収入が変わらなくなっていくのです。

労働収入のみで一生分の生活費を賄おうとする人が大半ですが、収入は自分が働く労働収入以外にもお金が働く資産収入も存在するのです。

 

なぜ株式投資をするとセミリタイアできるのか、という答えについては生活費に配当金を使えるから。

という事になります。

決して私のやっている投資はパソコンに張り付いて売買を繰り返すようなものではありません。

株式を持っている事により得られる配当金を目的にしている投資になります。

配当金は自分で作る年金、自分で作るベーシックインカムと捉える事ができます。

40代前半以降は労働を今より極端に少なくしても、給与を減らしても、好きな事を仕事にしても、給与と配当金で生活していく事ができる状態を目指しています。

いつまでも生活のためにストレス過多の状態で朝から晩まで働き続けるのは嫌ですからね。

関連記事一覧