株式投資は初心者でもプロ並みのリターン!!



こんにちは、七宝です。

ひと昔前までは株式投資は一般の人からするとかなりハードルが高いモノだったでしょう。

私は投資を始めて5年も経っていない初心者なので詳しくは分かりませんが、昔は証券会社で株券を買って保管したりお金を払って保管してもらったり…そして最低単元も大きくまとまったお金を用意しないと買えるものではなかったと思います。

しかし、近年ではネットも普及し、スマホやパソコン1台でそして1000円などからでも投資を始める事ができるようになりました。

それにより投資は身近なものへとなりつつあります。




私も28歳頃まで投資とは無縁の生活を送っていましたが、28歳の時に1000円で投資信託を買った事が投資の世界に入るスタートでした。

かと言ってもいきなり投資を始めたところで投資で勝てる訳がない、そう思う方も多いと思います。

確かにいきなり相場に入って市場参加者と勝ち負けを争っても勝ち目はありません。

しかしそれは勝ち負けを争うトレードの話であって投資ではないのです。

投資は勝ち負けや市場参加者とのお金の取り合いではありません。

投資でのリターンは経済成長や投資している会社が得た利益です。

経済は成長しており、どんどんパイは大きくなっている。

成長するパイの中からシェアを少しだけ自分のためにもらうのが投資の考え方です。

なので勝ち負けではなく、全員が勝てる可能性があるものなのです。




現在は個人で個別株を選ばなくても、投資信託を使ってインデックスファンドに投資する、という事ができます。

それはファンドが私達個人投資家から少額ずつのお金を集めてまとまった大きなお金にして代わりに運用してくれるシステムです。

インデックス指数とは日経平均株価、TOPIX、ダウ平均、S&P500など市場の動向などを示す指数。

このインデックス指数に連動して運用する投資信託を買っていたなら、市場全体をまるっと買っている事になります。

日経平均株価やTOPIX連動の投資信託を購入しているなら日本全体にまるっとインデックス投資をしているという事になります。

アメリカに投資をするのであれば、ダウ平均、S&P500連動型の投資信託を購入すればいいですし、全世界株式(オールカントリー)にまるっと投資する事もできます。

インデックス指数に連動させた運用をしてくれているのでファンドの手間もかからないため、信託報酬(運用手数料)も割安です。




投資はあくまで投資家自身が働く事ではなく、お金に働かせるのです。

インデックス投資で市場平均のリターンを享受する事は長期的に多くの投資のプロ並み、又はそれ以上のリターンをたたき出す可能性が高いのです。

実際に長期的にインデックスファンドに勝てるアクティブファンドは少ないです。

すぐにお金を増やそう、一攫千金を狙おう、勝とう、なんて欲を出さずにお金を働かせる事ができたなら、初心者でも十分にリターンを出す事は可能です。

関連記事一覧