サラリーマンと投資は相性抜群!!



こんにちは、七宝です。

テレビなどのメディアでよく紹介されている投資家は専業の方が多いですよね。

また、サラリーマンで投資をやっている人が少ない事から、サラリーマンと投資は相反しているようなイメージを持っている人も多いでしょう。

リスクを取ってお金を増やす投資と、安定収入のサラリーマン

実際に相反しているのかもしれません。

しかし実際は相反しているからこそ相性がいいのです。

今回はサラリーマンと投資の相性がいいと私が考える理由を2つお話します。




まず1つ目に冒頭でも言ったように、安定のサラリーマンとリスクを取って増やす投資、この両方のメリットを享受する事ができるのです。

資産形成が完了した後(十分なインカムを確保できる状態にななり、FIREした後)にそのまま投資をしているのなら、株価が上下しようが配当金の収入があるので、問題なくFIRE生活を送れるでしょう。

しかし十分な資産形成が完了していない専業トレーダーの場合、(投機の話にはなりますが)日々生活するお金もトレードで稼がないといけません。

投機ではなく専業の投資をやっていても、投資からの収入の他に収入がないと、資金が多くない状態で生活するお金を稼がないといけないので、高リスク、高ストレスな投資をしないといけませんし、株価の上下も非常に負担でしょう。

投資にしてもトレードにしても、短期的な負けすら許されない状態になるのです。

 

その点、サラリーマンをやりながら投資をした場合では、明日食う金に困る事なんてありません。

給与から余剰資金で投資をしている限り安定した生活を送る事ができます。

給与で安定した生活が守られながら、余剰資金をリスク資産に振り向ける事で安定と将来の大きなリターンの両方を享受する事ができるのです。

それにサラリーマンは保証が充実しています。

有休や傷病手当、育児休業、介護休業、失業給付など社会保険による各種保証も充実しています。

そのためサラリーマンは自営業者や専業投資家に比べて、生活防衛資金は少なめでいいとされています。

私はビビりなので1年分の生活防衛資金を用意していますが、サラリーマンの場合生活費の半年くらいでも問題はないとされています。

その分多くのお金を投資に回せるという面でもサラリーマンと投資の相性はいいです。




2つ目の理由がサラリーマンは多くの場合、平日働いているのでいらない事をしなくて済むという事。

投資とは自分が働くのではなくお金が働くという事。

無駄な売買を繰り返してしまうのはご法度です。

株式の取引時間は平日の9時~11時半と12時半~15時。

カレンダー通りの休みの人は市場が動いている時にほとんど働いているので、下手な売買をする可能性が低くなります。

平日に時間があるとどうしても売買をしたくなってしまう人も少なからずいるはずです。

長期投資は基本的にほったらかしがより良い投資になります。

 

このような2つの理由からサラリーマンと投資、非常に相性がいいと思っています。

今回の記事でサラリーマンは安定という事で書きましたが、近い将来(すでにその流れは始まりつつありますが)、「サラリーマン=安定」という常識も崩れていくでしょう。

私は「サラリーマン=安定」という常識が崩れた時、すでにサラリーマンを辞めても生きていける状態を安定している今のうちに作っています。

関連記事一覧