(つみたて)NISA枠にとらわれすぎてもいけない!!



こんにちは、七宝です。

私は「投資を始める時は少額からスタートしましょう」と、いつもこうお伝えしています。

私もはじめは1000円から投資を始めて勉強しながら少しずつ投資額を増やし、現在では1000万円以上のお金を運用しています。

投資でお金が増える理屈や、自分のリスク許容度が分かってから徐々に投資額を増やさないといけません。

いきなり大きなお金を運用してしまうと、相場の調子が悪い時に耐えられなくなりますし、ギャンブル性も高くなってしまいます。




しかしながら、中にはすでに貯金がたんまりある状態でようやく投資と出会う人がいます。

サラリーマンの年収がそれなりに高く、且つ貯める力もすでに持っている人が投資に出会うケースです。

私の働く会社にもその類の人がいます。

そこでよくあるのが、NISAやつみたてNISAを知ってその枠内で運用しようとしてしまうという事です。

NISAは年間120万円まで5年間、運用益にかかる税金が非課税になる制度です。

つみたてNISAは年間40万円まで20年間、運用益にかかる税金が非課税になる制度です。

 

もちろん冒頭でお話したようにはじめは少額からが大原則ですが、ある程度分かってきたら金額を増やさないといけませんし、自然と増やしたくなります。

そのため、すでにある程度の資産を持っている人の場合NISA口座やつみたてNISA口座を開設したからといって、その範囲内で投資をしようとしてしまうと大きな機会損失になってしまうのです。

NISA口座なら年間120万円投資できますが、つみたてNISAの場合、余剰資金を投資に回していくのに時間がかかりすぎます。




そもそもつみたてNISAは、

「資産の多くない人が毎月の給与から毎月33,333円までをコツコツと積み立て投資していく」

そんな目的の制度なので、すでに1000万円以上の余剰資金がある人には向いていません。

運用益が非課税なのはすごい事ですが、すでにそれなりの資産がある人がその枠内で収めようとするのは愚策です。

運用益にかかる税率は現在のところ約20%です。

これは私の想定している運用利回りである5%の利回りで運用できた場合、手元に残る利益率は4%になります。

つまり、課税口座で運用した場合の利益は4%です。

(つみたて)NISA口座で非課税で運用した場合は税金がかからないので5%です。

では投資をぜずに銀行預金で置いておくと利回りは何%でしょうか。

そう、0.001%です。

4%を5%にしようと(つみたて)NISAの枠内での運用に留まり、資産の大半を預金のまま置いておくとその分は0.001%になってしまう訳です。

4%と5%の差より、0.001%と4%の差の方が大きいです。

私は今の投資に行きつく前になんとなくNISA口座を開設したので、最初の2年分は無駄にしてしまいましたが、残りの3年に至っては年初の最初の買い付けでNISA枠を使ってしまってその後は課税口座で買っていました。

すでに余剰資金がある人がつみたてNISAやNISAで運用をする場合、その枠内に抑えようとせずに自分の運用に回したいお金を(つみたて)NISAの枠内に拘らずに運用する。

もちろん(つみたて)NISA枠を満額使います。

そしてはみ出す分は課税口座でしっかり運用しましょう。

その方が効率よく資産を増やす事ができます。

いつもお伝えしているように、大切な事は全体を見る事です。

木を見て森を見ずにならないように注意しないといけません。

関連記事一覧