問題ないけど人気がないものを選べ!!



こんにちは、七宝です。

今回は、少しお得な買い物ができるかもしれない私の考え方についてお話します。

クルマの選びについてのお話ですが、他にもこの考え方は応用できる場面もあると思います。

 

まず車両本体価格については、中古車は特に人気のあるクルマは高く、人気のないクルマは安くなります。

当たり前の話ですが、リセールバリューの高いクルマは人気のあるクルマです。

クルマに限らず、不動産も同じです。

人気のあるモノ、誰もが欲しがるモノ、再販しやすいモノを買っておけば売却する時に有利になります。

なので新車を3年スパンなどの短い周期で乗り換えるのなら、コスパ的にはリセールバリューの高い車種を買うのが良いという事になります。




しかし私の場合、必ずしもそれが正解だとは思っていません。

クルマと不動産の大きな違いだと思いますが、クルマの場合、どれだけリセールの高い車種でも10年を超えると価値はほとんど0に近くなります。(一部の高級車除く)

数年毎に乗り換えるのではなく乗り潰すのなら、リセールバリューを無視して購入金額と維持費を優先した方がトータルでコスパはよくなります。

中古車の場合、状態の良いモノは高く、状態の悪いモノは安くなります。

値段だけ見て購入しても後々の修理代がかさむのでトータルでお得とは言えない場合が多いです。

ですので、状態が悪いから安いモノではなく状態は良いけど人気がないモノを選ぶ事がお得な買い物ができる方法なのではないかと思っています。




現代の人気はミニバン、SUV、軽ハイトールワゴンなどの背の高いクルマです。

逆にセダンやステーションワゴンなどの背の低いクルマは不人気です。

この不人気に目を付けるとかなりコスパ良くクルマに乗れるかもしれません。

確かに室内高が高いと広いです。

スライドドア、便利です。

SUV、カッコイイです。

しかしそれが人気なので割高です。

ひと昔前までは子育て世帯もセダンやステーションワゴンでした。

もし、ミニバンやSUVを「人気だから、誰かに勧められたから」という理由で選んでいるのなら、ムダに人気料を払っているのかもしれません。

もし、室内の広さ、スライドドアに拘ってないのなら中古でセダンやステーションワゴンを買うのが良い選択になるのかもしれません。

 

この「問題がないけど人気がないもモノ」を選ぶコスパの良さについては車両価格のみならず、人気がないという事は他の維持費にも影響してくる場合があるのです。

都会の機械式駐車場や地下駐車場など高さ制限のある区画の場合、背の高いクルマが人気の昨今は背の低いクルマしか入らない区画は割安になっている場合も多いのです。

そうなれば人によっては車両価格のみならず駐車場代も安くできる可能性があるのです。

 

また、ガソリン代が高騰しています。

燃費に関しても背の低いクルマの方が空気抵抗が少なく優れています。

人気のないモノの魅力を見つけ出し、人と違う事をする事はコスパ的にかなり良いのではないかと考えています。

「流行りや最新は高くつく」という事も頭に入れておきましょう。

関連記事一覧