下がる給料、上がる物価 そんな時代を生きる私達。



こんにちは、七宝です。

コロナの影響で給料、ボーナスが下がった方は多いと思います。

鉄道、航空、飲食…言い出したらキリがないですが、コロナによるダメージで従業員の給与を下げたりリストラをせざるをえない業種が多いのが現状です。

それを受けて国家公務員のボーナスについても、民間企業の落ち幅に合わせて来夏のボーナスで大幅に減額される見込みとなっています。

私の幼い頃は公務員は安定と教えられてきましたが、時代が変化し、その要素も年々薄くなってきているように感じます。

結局、民間企業の業績が悪いと公務員の賃金も下がる事になります。




この給料の落ち込みはコロナ以前から始まっています。

日本はデフレで平均年収は右肩下がりです。

にも関わらず社会保険料のUP、増税、物価上昇により、使えるお金はどんどん減っているのです。

そう、「給料は上がらない(むしろ下がっている)のに物価は上がっていく」最悪のシナリオの中を私達は生きているのです。

給与は上がらない、終身雇用は守られない、物価は上がっていく…

これは私達個人が自分で行動しないと、思考停止のままではどんどん貧乏になるしかないのです。

今働いている会社を信じて出世を目指すのもいいですが、

🔵どこに行っても稼げるスキルや人脈

🔵今のうちにできる資産形成

🔵少ないお金で幸せな生活を送れるようにしておく

など、一つの会社に依存しなくても生きていける自分を作る事が大切だと考えています。




私はわずかながらですが、自分の資産運用や考え方などを伝える当ブログ運営での収益を育てたり、株式を購入して配当金の収入を増やしていったりと、労働収入以外の収入も少しずつ育てています。

種銭は多い方にこした事はないですし、現在働いている会社の年収が悪い訳ではないので働き続けていますが、最悪いつ辞めても路頭に迷うような事はない段階までは来ています。

働いてせっかくお金を貯めても、貯金だけではお金は減っていきます。

 

給料は増えないけど物価は上がるというお話をしました。

昨今でもアメリカのインフレや円安、原油の高騰によりモノの値段がどんどん上がっているのはお気づきだと思います。

加えて金融緩和により国債はどんどん発行されて円はどんどん刷られている状態です。

お金の総量は増え続けています。

今後もお金の価値はどんどん薄くなっていくと考えています。

そうすると、リスクを取って株式などの資産にしておかないと、インフレからお金を守る事はできません。

稼ぎ方、増やし方、守り方、いろんな面で昔と今では変わってきています。

それに気づいて行動した人とそうでない人、格差が生まれるのは当たり前の事です。

自分の生まれた時代に合った生き方をして少しでも豊かになりましょう。

関連記事一覧