気軽にレバレッジをかける人はすごい!!



こんにちは、七宝です。

少し前からレバレッジ型商品が人気です。

レバレッジを直訳すると「てこの原理」という意味で、拠出金額より多くのお金を運用できるものになります。

資金が100万円で200万円運用するなら、レバレッジ2倍。

資金が100万円で500万円運用するなら、レバレッジ5倍。

と、こんな考え方です。




FXの世界では昔からレバレッジをかけるのが当たり前でしたが、最近では指数連動型でレバレッジをかけた投資信託が人気です。

ここ数年株価が好調だったため、レバレッジをかけて運用していると大きなリターンを得る事ができていたためです。

自分の持っている投資資金以上のお金を動かすので、もちろんリスクは高いものになります。

リスクをあげてリターンも上げるので、株価の調子がいい時に儲かるのは当たり前です。

リスクも大きくなるので、株価急落時、株価暴落時に予想を上回る打撃を受けますし、自分の持っているお金以上のお金を運用するので、手数料も割高です。

以下記事より引用

投資家のつもりの負債家

現在多くの人達は大きなリターンを求めて「大和-iFreeレバレッジ NASDAQ100」を中心とした通称レバナスと呼ばれる商品に投資をしています。

この商品は、NASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることを目指しているのでレバレッジは2倍です。




多くの方が気軽にレバレッジを2倍もかけている事が、私はすごい事だと思っています。

私が長期投資するにあたり心地よい資産管理は、レバレッジをかける事ではなく、自分の持っている余剰資金の中で投資をするという事だからです。

あくまでも私の感覚であり、私はリスクをコントロールしながら10年以上の月日をかけてゆっくり経済的自由を目指そうと思っているからです。

資産形成のペースは人それぞれで早くお金持ちになろうと思う人や、少ない資金でお金持ちになろうとす人、それぞれにやり方があるので否定をするつもりはありません。

 

ただ、そんな簡単に2倍などのレバレッジをかけて運用できる勇気が素晴らしいと尊敬しています。

現に私は、投資用に証券口座に入金したお金すら全て運用する訳でなく、一定比率を現金として置いています。

この運用を始めた2~3年前から現在まで、証券口座内現金比率は15%~25%で運用していました。

これはレバレッジに置き換えると0.75倍~0.85倍という事で1倍にも満たないという事になります。

それを現在、段階的に現金比率は10%~15%、言わばレバレッジ0.85倍から0.9倍に引き上げる事にしました。

下記記事で書いているような理由から、リスクを上げて資産形成を少々加速させる判断をしたという事です。

現金比率変更!!資産形成加速させます!!

私は1倍を切っているレバレッジを最大0.15倍上げるのにこれだけ慎重なので、2倍のレバレッジをかけるなんて恐ろしい事だと考えてしまいます。

私はキチンと支出を見直して収入を増やして、配当金を再投資したり、ドルコスト平均法でコツコツと買い続けていれば、レバレッジをかけるようなリスクを取らなくても、大きな資産を築けると考えています。

なんとなくリスクを取り過ぎていた方の気づきになれば幸いです。

関連記事一覧