退場します。・・・え!?



こんにちは、七宝です。

私は長期投資をしているため、株価の上下はあまり気にしません。

どれだけ上がってもどれだけ下がっても売る事はなく、ただただドルコスト平均法をアレンジしたような投資法で淡々と買い付けていくだけだからです。

この記事を書いているのは2021年12月21日です。

前週末から昨日までにかけて日本、米国共に株価が下がっています。

TwitterのTLを見ていると調整の度に「退場します」「もう耐えれません」なんてツイートを目撃します。

その度になぜそんな事になってしまうのか不思議で仕方ありません。

この程度の下落で退場してしまうような投資をしていては、運よく株価が上がったとしてもどうせその後の下落局面で退場してゆくでしょう。

退場してしまうという事は、自分の資金がショートしてしまうという事でしょう。

レバレッジをかけていると起こりやすいですね。




しかしゴールから辿っていけば、自分がリスクを取り過ぎているかどうかなんてすぐに分かります。

「自分の投資資金はいくらなのか」「そのうちいくら投資しているのか」などを踏まえた上で投資している対象の株価がどれだけ下落すると自分は退場してしまうのか。

逆算すると簡単に分かるのではないでしょうか。

そしてその投資している対象の株価が自分が退場に追い込まれる水準の下げ幅で下がる事は過去になかったのか。

多くの場合、幾度となくそのくらいの下落は発生しているはずです。

このチャートを見てもらっても分かる通り、たった1年でも今回と同じくらいの下落は何回も起きています。

その下落で退場に追い込まれるなんていくらなんでもリスク管理が甘すぎます。

今回程度の下落なんて日常茶飯事で前代未聞の大暴落が起こった訳でもなんでもないのです。

おそらくこれで退場してしまう人はギャンブルをしていた人であり、投資をしていた人ではありません。

今回程度の下落局面で「退場」なんて言葉を聞いて投資は危ない、投資は怖い、なんて間違った解釈をしないようにして頂きたいと考えています。




ちなみに私はリスクをコントロールして投資しているので退場する事はありません。

日経平均株価が10分の1になろうと、S&P500指数が10分の1になろうと退場する事がありません。

1000万円以上のお金を市場に置いていますが退場する事なんてないような投資をしています。

正しい投資をしていれば当然の事です。

短期的にお金を大きく増やす事を目指すようなギャンブルと投資は全くの別物です。

ギャンブルと投資はしっかり区別した上で資産形成していきましょう。

関連記事一覧