願ってもムダ!祈ってもムダ!!



こんにちは、七宝です。

投資を始めると「株価が上がりますように」「どうか上がってくれー!」といった事をよく考えている人も多いのではないでしょうか。

残念ながらその願いや祈りは全く意味がありません。

株式を買ったからといって「上がってくれー」なんて思っている人の多くは初心者さんだと思います。

市場というのは素人が売買して稼げるほど甘いものではなく、プロが素人をカモにしてお金を巻き上げるところだからです。

なけなしのお金で投資をして「上がってくれー」なんて思ったら下がりますし、「これ以上下がったらやばい…」「お願いだから上げてくれ…」そんな状況になればなるほど、願いとは反対の方向に動くものです。




最近の米国株をはじめとした株価の下落でTwitterでは「これ以上下げないでくれ」や「これ以上下がったらもう耐えれません」などといった必死の祈りや願いみたいなツイートをしている人を多く見かけます。

残念ですがそんな事をしているようでは今後もお金を増やす事なんてできません。

ドキドキハラハラしながら株価の動きをどちらかに賭けている時点で、それは投資ではなくギャンブルのような投機をやっている事に他なりません。

もしみなさんが目的が投機ではなく、長期的に資産を拡大していきたいと考えた投資をしたいのに、「上がってほしい」「上がらないとやばい」そんなドキドキハラハラするような投機をしてしまっているのであれば、やり方を変えてみる事をおススメいたします。




私は投機ではなく投資をしています。

株価の動きに一喜一憂はしません。

今後も長期的に株式を購入していくのでどちらかというと下落は歓迎なのですが、少なくとも前述のような「上がってくれ」「下がったらやばい」そんな状況ではありません。

ドシっと構えて株価がどれだけ上がっても、どれだけ下がっても問題なく投資を続けられるようにしています。

 

投資は10年以上の時間軸でやっています。

株価は短期的にも長期的にも大きく上下を繰り返します。

知らないうちにリスクを取りすぎて、株価の変動で願ったり祈ったりしないといけない状況で長期的にお金を増やしていける訳がありません。

未来の株価の動きが分かる人はいません。

未来は分からないので株価が今後どんな動きをするのか分からない。

それを理解した上で、長期的な会社の成長、経済の成長に期待して投資をしていく。

その経済成長や会社の利益の分け前を頂く、投資というのはそういった考え方でするものだと私は思っています。

関連記事一覧