月利10%、簡単です。



こんにちは、七宝です。

投資の情報を集めたりしているとボチボチ聞く事があるこの「月利」という言葉。

SNSで初心者相手に煽るような人がよく使う言葉でもあります。

「誰でも簡単月利〇〇%!!」

「月利〇〇%稼ぐ投資法教えます!!」

「私は月利〇〇%で運用しています!!」

何が言いたいかというと「月利」という言葉を使っている人や情報商材は全て詐欺です。

月利という言葉を聞いた瞬間その人の発信を見る価値はありません。




あなたが聞いた月利は何%でしょうか、10%でしょうか。

では月利10%は年利何%でしょうか…それは313%です。

年利に換算すると313%です。

100円が1年で313円になるのです。

100万円が313万円になるのです。

ちなみに100円は5年で3万円になり、10年で927万円になります。

100万円は5年で3億円になり、10年で927億円になります。




どれも追加投資なしで最初のお金を複利で膨らませただけです。

冷静に計算するとそんな事ができる訳がないですよね。

年利20%で運用する投資の神様、ウォーレンバフェットも驚きの数字です。

世界長者番付で5本の指に入る資産家であり投資の神様、ウォーレンバフェットの運用が年利20%なのにSNSには年利313%で運用する人がうじゃうじゃいるなんて、たまげたものです。

ひどい人になると「初心者でも月利60%」なんて言っている人もいました。

あっという間に資産は兆も超えて単位は京になるでしょう。

そんな化け物が必死に数千円の有料商材を売っているのですから世の中どうなっているのでしょう。

 

冷静に自分で計算したらおかしい事に誰でも気づく事ができます。

当ブログを読んでくれている方に初心者さんはあまりいないかもしれませんが、何か参考になればと思います。

当記事のタイトルは「月利10%、簡単です。」にしています。

モノは言いようでこれが嘘という訳ではありませんし、詐欺をされる方もこのロジックを使っているのかもしれません。

 

私は年利5%前後のリターンを見込んで投資をしています。

普通に考えると月利は0.4%台です。

しかしいつも言っているように綺麗に毎月0.4%ずつ、年に5%ずつ増えていくのではないのです。

投資は元本保証ではありません。

投資をしている期間の年毎のリターンは大きくブレながら、長期的に運用した場合に年当たりのリターンに馴染ませると年利5%になるという事です。

単年で見たら+10%の年も-10%の年も0の時もいろんな年があるのです。

だから投資は10年以上使わない余剰資金でやるように言っているのです。

短期的には大きくマイナスする年もありますので。

 

長期投資をするのに月利で考える事自体がおかしい話ですが、年利ではなく月利で考えた時も同様です。

そのように考えると私の運用でも結果的に月利10%になっている時も幾度となくあるでしょう。

日経平均株価が月初27000円だったのが月末29000円になり、その月が配当金入金日だった。

その程度で月利10%は達成です。

とっても簡単です。

年に2~3回あってもおかしくはないですね。

単発でそれを達成するのと、継続して達成するのは全くの別物です。

それが月利10%は簡単である理由です。

冷静に物事を判断し、間違えた情報に惑わされないように資産形成していきましょう。

関連記事一覧