メインは配当金!株価は上昇も下落も受け止める!!



こんにちは、七宝です。

株価というのは様々な予測できない要因によって上がったり下がったりを繰り返しています。

上がって喜んで下がって悲しんで、そんな投資をしているとキリがなくなってしまいます。

このまま経済が成長していけば株価も長期的には伸びていく公算が高いとは言えますが、やはり日々の株価の上下から逃げる事はできません。

 

そこで私がリターンのメインにしているのが配当金です。

配当金なら株価ほど上下せず、マイナスになる事もないのでリターンを積み上げていくにはぴったりで精神安定性からもいいです。

一度渡した配当金を返してくれと言われる事も、配当金がマイナスだから逆に払ってくれと言われる事もありません。

もちろん長期的な株価上昇によるリターンにも期待はしつつも、あくまでもリターンのメインは配当金。

もらえる配当金を増やして配当金によるリターンを積み上げて再投資をしていくスタイルで投資をしています。

配当金が出れば株価が右肩下がりでもいい、という訳ではないのでその事を解説しているこちらの記事も合わせて読んで頂けると嬉しいです。

含み損益はどうでもいい!?




株価だけをリターンと考えてしまうと下落局面ではただ下落しているだけになってしまいます。

しかし、配当金も考える事で下落した状態が続いても業績に問題がなければ、安く買う事によって配当利回りの高い状態で買えると考える事ができるため、より下落が嫌なものではなくなります。

 

私は基本的に「株式を売る」という事をしません。

株価の下落は全て受け止めます。

その代わり株価の上昇も全て受け止めます。

そうこうやっているうちに配当金は積み上げていくというスタイルです。

イメージとしては株価が3歩進んで2歩下がったり、3歩進んで3歩下がったりしている間に配当金で1歩ずつ進んでいく感じです。

 

私もはじめは年利回り3%ほどの配当金はオマケ程度にしか考えず、もっと手っ取り早く増やせそうな株価をリターンと考えていました。

しかし株価の上下で、売買で利益を出し続けるのは想像以上に難しいです。

また短期的には株価の上下で売買の方が大きく稼げそうですが、長期的には複利を使って配当金を目的に長期投資をした方が大きくそして簡単にリターンが狙える事に気づきました。

期間を「短期から長期」、リターンの柱を「株価から配当金」に考え方を変えた事で、私は投資で利益を出す事ができると確信しました。

株価下落で悲観的になっている方も、リターンのメインを配当金と考える事で何か光が見えてくるかもしれません。

参考になれば嬉しいです。

関連記事一覧